2016年01月

こんなゲーム設定あればいいな
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:05:48.21 ID:4t74Zdhv0.net
国ごとに通貨がちゃう
続きを読む

武士
1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/29(金)16:55:24 ID:8kS
中国メディアの騰訊新聞は26日、「なぜ、日本には武士が存在し、中国には存在しなかったのか」と題する記事を掲載した。中国では「武士」や「武士道」が「軍国主義の原因」と否定的に紹介され場合が多いが、同記事は日本と中国の国情と歴史的発展の違いを客観的に説明した。記事はまず、過去の「農耕時代」には生産性が低かったたために土地争いが深刻であり、兵力の多い者が大きな権力を握ることになったと紹介。土地を確保するために「武士階級」が出現したのは、日本だけでなく古い時代の中国も同じと論じた。

違いとしては、中国では武士階級が早い時期に消失したのに比べ日本では「源平の戦い」以降700年も武士による「軍政」が継続したと指摘。1885年に内閣制度が発足してから1945年の終戦までに29人が首相となったが、うち25人までが武士階級の出身だったことにも触れた。記事は、中国で武士階級が消滅した原因として、中国が大陸国家であり、「内陸部から来る勢力との衝突」がしばしば発生し、「大統一により力量を集中させる」方向に歴史が動いたのに対して、日本は小さな島国で、さらに耕作可能な土地が沿岸の小さな平野や山に囲まれた盆地しかなかったので、大きく広がるよりも、地方ごとに別れる「割拠主義」が強くなったと論じた。

中国にも漢代末期、唐朝末期や宋代には地方で軍事勢力が割拠する場面もあったが地方が割拠するままで歴史が推移していくのではなく、中央政権が地方割拠の問題を解決できなければ「地方出身の勢力」によって王朝が交代することになったと指摘した。日本では、大化の改新で租庸調や班田収授の中央集権制度を設けたが、地方からは不満が出たと紹介。結局は、荘園が中央政府に従わなくなり、天皇の政治的影響力は衰微したと論じた。そして、地方の武士勢力が日本史の主役になったと説明した。

記事は、「中央政権が全国を一律に統治する」時代を「帝国時代」と表現。日本が「帝国時代」を迎えたのは明治時代であり、極めて遅かったと指摘。一方、中国は極めて早く「帝国時代」を迎えたが社会は安定せず、再び分裂時代に戻ることもあったと説明し「帝国時代」の経験について日中は「両極端」だったと主張した。


ニュース元
http://m.news.searchina.net/id/1601128
続きを読む

宇宙
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:06:04.71 ID:SnZXwQ7t0.net
地球外生命体「宇宙のどこかにはワイらみたいに文明築いた星があるンゴかねえ」
続きを読む

ライトニングさんポスター (1)


ライトニングさんポスター (2)
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 13:07:24.19 ID:2DePmlhvaNIKU.net
ヴィトン落ち
続きを読む

cia
1: 深淵を探求する隠者 2016/01/26(火) 19:26:28.28 ID:CAP_USER*.net

UFOファイル (1)
 

宇宙人を乗せて飛来すると言われる未確認飛行物体「UFO」は今も昔も世界中の人々の関心を集めているわけですが、アメリカのCIA(中央情報局)は1940年代から1950年代にかけて調査が行われたUFOに関する文書を公開しました。CIA自らが「Xファイル」と呼ぶ文書データは、CIAのサイトで公開されて誰でもダウンロードして読めるようになっています。
 
 UFOファイル (2)
Take a Peek Into Our “X-Files” — Central Intelligence Agency


今回CIAが公開した文書は1978年に行われたUFOに関する調査で作成されたもので、長らく機密扱いとして非公開にされてきたものとのこと。サイトでは「以下では、『Xファイル』に登場するモルダー捜査官が地球外活動の存在を説得するために使えそうな5件の文書や彼の疑い深いパートナーであるスカリー捜査官がUFO目撃情報に科学的裏付けがあることを証明できそうな5件の文書をそろえました」と書かれており、なかなかシャレたCIAの一面を見ることができます。さらに最後には「The truth is out there(真実はそこにある)」と作品中のワンフレーズを挿し込むという徹底っぷりもなかなか。

UFOファイル (3)


ということで、ページの下部ではこのようにピックアップされている文書へのリンクが張られています。「モルダー捜査官が関心を持ちそうな文書5件」には「西ドイツで報告された空飛ぶ円盤、1952年」や「(CIAの)支部長会議議事録、1952年8月11日」、「ベルギー領コンゴのウラン鉱山上空で目撃された空飛ぶ円盤、1952年」などの文書が並ぶほか「スカリー捜査官が関心を持ちそうな文書5件」にも 「未確認飛行物体に関する科学諮問委員会、1953年1月14~17日」「空飛ぶ円盤に関するCIA長官への覚書、1952年10月2日」など、思わず読んでしまいたくなるようなタイトルが踊っています。

  UFOファイル (4)


「ベルギー領コンゴのウラン鉱山上空で目撃された空飛ぶ円盤、1952年」を開いてみるとこんな感じ。タイプライターで作成されたとみられる文書がスキャンされ、画像PDFに変換されている模様。

UFOファイル (5)
 

文書の冒頭では、「先日、2つの燃えるような円盤がベルギー領コンゴにあるウラン鉱山の上空で目撃された。円盤は優雅なカーブを描きながら移動し、互いの位置を数度にわたって入れ替えるなどしたため、地上からはその形状が板状や楕円状、またはシンプルな線状に見えた。突如、2つの円盤は1か所にホバリングし、その後、風変わりなジグザク状の飛行を行って北東の方角へ飛んでいった。目撃者には、耳を突くような高音でブンブンとした音が聞こえた。全ての活動は10分から12分にわたって行われた」という状況が克明に書かれています。

UFOファイル (6)


UFOファイル (7)


同文書の後半では、目撃された円盤をスケッチしたイラストも記録されていました。
CIAのサイトでは、同様の文書が200件以上公開されており、以下のページから確認することが可能です。全ての文書に目を通すのは大変な作業になりそうですが、UFOに関する貴重な資料として読んでみるのも面白そうです。

CIAのサイト
http://www.foia.cia.gov/collection/ufos-fact-or-fiction
https://www.cia.gov/news-information/blog/2016/take-a-peek-into-our-x-files.html


ニュース元
http://gigazine.net/news/20160126-cia-x-files/
続きを読む

U-31 (1)


U-31 (2)


U-31 (3)
1: 野良ハムスター ★ 2016/01/22(金) 15:19:38.93 ID:CAP_USER*.net
英エネルギー企業スコティッシュ・パワーは21日、東部ノーフォーク沖90キロの北海で沈没した潜水艦が見つかり、第1次大戦中に行方不明となったドイツ軍の潜水艦だと分かったと発表した。潜水艦は2012年、同社再生エネルギー部門が洋上風力発電施設を整備するため調査中に海底30メートルに沈んでいるのを発見した。オランダの潜水チームが、第2次大戦時に行方不明となった自国の潜水艦ではないかとして調べたところ、独軍のU31型潜水艦と判明した。

この潜水艦は1915年1月に哨戒任務のため出航した後、消息不明となった。航行中に機雷に触れて沈没し、乗組員35人は全員死亡したとみられる。

ノーフォーク
 ※ノーフォークの位置


ニュース元
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2016012200533
続きを読む

クリスタルスカル (1)
1: 光の戦士 ★ 2016/01/24(日) 07:10:51.08 ID:CAP_USER*.net
オーパーツとして人気の高い、ロケット型の首飾りや、丸い球、そしてこちらの「水晶ドクロ」ですが、なんとここにきて「ガセねた」である可能性が高まってきました。もともと当時のマヤ文明の技術ではこのような精巧な掘削技術はないとされていたので怪しい話だったが本日放映のテレビ番組で確定した。本日1月 23日のTBSの番組「世界ふしぎ発見」の中で、水晶ドクロがどこで作られたのかという検証を行っていた。すると、番組内では「マヤ文明」「アステカ文明」などの時代に作られていたのではなく、なんと最近1900年代にドイツの「イーダー・オーバーシュタイン」で作られていたことが明らかとなった。

理由としては、電子顕微鏡で見てみると「ダイヤモンド研磨剤」で削った跡があり、その削り跡と、その街で作られている水晶の製品とぴたりと一致。マヤ文明説は否定され、オーパーツとしての存在価値を失った。

ネットの反応

・ 水晶ドクロ偽物だったのか
・ 水晶ドクロの話、ホンマに面白かった。
・ やはり水晶ドクロは偽物だったか。さてバイオ0やろ
・ 弟にも水晶ドクロがオーパーツじゃないって教えてやらねば
・ 水晶ドクロのロマンが…
・ 水晶ドクロ! 光る物は大好きです! カラスみたいw
・ 今日の世界ふしぎ発見の宝石とか水晶ドクロのおもしろかった
・ ふしぎ発見で水晶ドクロって出てたけどクリスタルスカルだよね?
・ 水晶ドクロ、オーパーツちゃうかったんか
・ 水晶ドクロの偽物って偽物界でも最強クラスに価値高いよね
・ 水晶ドクロオーパーツだと信じ切ってた…!
・ まぁ水晶ドクロとか全部機械で作ったんですがね
・ 水晶ドクロは、何カ月もかけて砂で研磨すれば作れるんじゃなかったっけ
・ オーパーツの水晶ドクロはやっぱ古代マヤのもんじゃないんやね。
・ 水晶ドクロが本物だと思ってる人がまだいたのかと逆に驚いた!


ニュース元
http://www.yukawanet.com/archives/5001117.html#more
続きを読む

豊臣秀吉の過ち
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 11:50:56.01 ID:pIKwogZW0.net
秀吉最大の失敗やろ
そのまま名古屋あたりに置いとけば良かったものを
続きを読む

スティーヴン・ホーキング博士
1: 野良ハムスター ★ 2016/01/20(水) 10:26:23.10 ID:CAP_USER*.net
ケンブリッジ大学の教授で天才物理学者として知られるスティーヴン・ホーキング氏は、人類は21世紀、核兵器や遺伝子改変されたウイルスなど、科学や技術の急速な発展により深刻な脅威に直面すると考えている。ガーディアン紙が報じた。ホーキング博士によると、今後10年の間に地球上で人為的大惨事が起こる可能性が高まるという。なお博士は、宇宙に人間が住むためのコロニー(入植地)を建設するには、さらに少なくとも100年は必要だと指摘した。そのため人類は、急いで「成熟」するか、あるいは地球から別の場所へ移るのを急ぐ必要がある。

ホーキング博士は、「ラジオタイムズ」のインタビューで、「我々は、少なくとも今後100年は宇宙で自立型コロニーを建設することはできないだろう。そのため、この間、私たちは非常に慎重になる必要がある」と述べ、「我々は進歩を止めるつもりもなければ、それを後退させるつもりもない。そのため我々は、脅威を識別し、それを管理下に置くことができなければならない」と語った。


ニュース元
http://jp.sputniknews.com/science/20160120/1459145.html
続きを読む

「カイパーベルト


9番目の惑星
1: 海江田三郎 ★ 2016/01/21(木) 09:34:25.43 ID:CAP_USER*.net
米カリフォルニア工科大のチームは20日、海王星の外側に新たな惑星が存在する可能性があると発表した。実際に観測によって見つかると、太陽系の第9惑星になると期待される。チームによると、惑星は地球の10倍程度の質量があり、太陽から約45億キロ離れた海王星よりも20倍離れた軌道を回っているとみられる。太陽の周りを1周するのに1万~2万年かかるという。チームは、無数の天体が密集する太陽系外縁部の「カイパーベルト」と呼ばれる領域の中にある6個の天体が太陽の周りを回るスピードに注目。計算により、これらの天体の動きが大きな質量を持つ未知の天体の影響を受けていることが分かり、新たな惑星が存在すると予測した。


ニュース元
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/01/21/kiji/K20160121011896980.html
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48