2016年05月

バイキングのような軍人 (2)


バイキングのような軍人 (3)


バイキングのような軍人 (4)


バイキングのような軍人 (5)


バイキングのような軍人 (6)


バイキングのような軍人 (7)
1: ボマイェ(dion軍)@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/04(水) 12:39:36.13 ID:ssU4cRSV0
'Proof God exists': Norwegian Navy officer who looks like a 'Viking' has Instagram swooning thanks to his long blond hair and bulging muscles

http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3571684/Norwegian-Navy-officer-looks-like-Viking-Instagram-swooning-thanks-long-blond-hair-bulging-muscles.html#ixzz47efDGBhM
続きを読む

考え方
1: 野良ハムスター ★ 投稿日:2016/05/05(木) 16:41:22.80 ID:CAP
自宅にいるときに、突然の訪問者。チャイムが鳴っているが誰かはわからない。こうした場合、きちんと対応をしているだろうか?

しらべぇ編集部では、「自宅のチャイムが鳴っても無視をする」かどうかの調査を実施。時代を反映する結果が明るみになった。


もはや自宅のチャイムの存在価値は…

自宅のチャイムが鳴っても無視する答えた人は、全体で46.4%。これだけの人がチャイムが鳴っても放置をしておくとは、驚きではないだろうか。

男女別で見ると、やはり女性のほうが多い。

なぜチャイムを無視してしまうのか。調査の中で、次のように答えた女性も。

「不審者だと怖いから」(女性20代)

万が一、訪問者が危険な人物だったら力の弱い女性では男性よりも対応が困難だ。そうした不安があるのも理解できる。

だが、男性でも4割もの人が無視をすると回答しており、その理由は女性と同じようなもの。

「犯罪者かもしれないから」(男性30代)

チャイムに出る前に、「もしも変な人だったら…」と考えてしまう人が多い様子。相手にしたくない突然の訪問を、歓迎してくれる時代ではないようだ。


セールスや勧誘、「あの受信料」から逃げる人も

自宅のチャイムが鳴っても無視をする理由として、一番多かった答えがこちら。

「面倒だから」(男性20代)

どのように面倒なのか、詳しく答えてくれた人々の意見も見てみよう。

「どうせセールスや宗教関係。話を聞くのもおっくうだから」(女性30代)

通信手段が多くある中、いきなりの訪問はセールスや勧誘くらいしかないと考えるのは当然だ。

また、こんなものから逃げている人も。

「NHKだったらいやだから」(女性40代)

受信料を払っていないのか、NHKと回答した人がかなりの数見受けられた。

あらかじめ確認する人も多数

チャイムが鳴ったときの行動として、あらかじめどういった人か確認をする人も多い。

「モニターを見て、出る出ないを判断する」(男性60代)
「のぞいて、配達じゃなければ出ない」(女性30代)

自分の身を守るには、有効な手段といえる。

プライベートを邪魔するな!

家はプライベートな空間でもある。そんな場所にいきなり来られても、すぐには出られないことも多いだろう。

「子供が寝ていると出ない」(女性20代)
「揚げ物をしているときは、出られなかった」(女性30代)

このほかにも、女性では化粧をしておらず「スッピンではとてもじゃないが出られない」「パジャマでは無理」という理由もあった。

さまざまな声が聞こえたが、誰もが思う一番の思いは、これではないだろうか?

「休日くらいはゆっくり寝ていたい」(男性40代)

身内の家でさえ、突然の訪問はしない時代。時にはおぞましいニュースもあり、チャイムが鳴っても簡単に玄関の扉を開く人はいない。訪問セールスや勧誘は、今後さらにむずかしくなりそうだ。

 
http://www.news-postseven.com/archives/20160505_409519.html
続きを読む

ドラゴンクエスト
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/02(月) 22:47:32.17 ID:Q/b3QsDPd.n
多分バギマかベギラマやろ


※バギマ
聖なる風で敵を攻撃する

ベギラマ
雷撃で敵を攻撃する
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)20:42:53 ID:RC0

西洋の甲冑 (1)


西洋の甲冑 (2)


西洋の甲冑 (3)

続きを読む

ベトナムの話題マン (1) ベトナムの話題マン (2)
1: いちごパンツちゃん ★ 投稿日:2016/05/02(月) 12:32:51.50 ID:CAP
ファミリーマート・ベトナムが4月26日からベトナムの全店舗で、「ドラえもん」ののび太のママを再現した中華まん「のび太のママまん」を販売しています。 「のび太のママまん」は2015年からスタートした「ドラえもんまん」シリーズの第7弾で、価格は1万2000ベトナム・ドン(日本円にして60円ほど)。ベトナムでも人気という抹茶クリームが詰まっていて、数量限定の販売となります。

これまでにも、「ドラえもんまん」2種、「ミニドラまん」、「ジャイアンまん」、「ドラミまん」、「スネ夫まん」が発売されていて、次にモチーフとして有力視されていたのは「のび太」や「しずかちゃん」などの主要キャラクターでした。 しかし日本の母の日に合わせての発売となったため「のび太のママ」が選ばれたそうです。

意外と再現度が高くてかわいい「ドラえもんまんシリーズ」、日本で発売しても人気が出そうな気がします。ちなみにベトナム出身の方に確認したところ、ベトナムには母の日はないそう。今後「のび太のママまん」をきっかけに母の日が定着するかもしれませんね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000016-it_nlab-life
続きを読む

龍涎香
1: 財宝を求める隠者 2016/05/01(日) 14:39:50.52 ID:17CUf49i0
ある夫婦が海辺を歩いている時にたまたま見つけた、強烈な匂いの「石」に、実は5万ポンド(約800万円)の価値があったという珍しい事態が起こりました。

ゲイリー・ウィリアム氏とアンジェラ・ウィリアム氏はイギリス北西部に位置するランカシャー州のミドルトン海岸を散歩している時に腐った魚のような強烈なにおいをかぎ、石のような見た目の奇妙な物体を見つけたとのこと。2人は香水の原料であり非常に高価なマッコウクジラの排泄物「龍涎香」についての話を読んだことがあったため、この巨大な塊を新聞紙で包んで家に持ち帰りました。
 
龍涎香はマッコウクジラの腸内に発生する結石。なぜマッコウクジラが結石を作り出し排出するのか、詳しい理由は現在でも不明ですが消化できなかったエサを消化分泌物によって結石化させることで体を守っているのだとも考えられています。

排泄されて間もない龍涎香は腐った魚のような匂いなのですが、水よりも比重が軽いために長期にわたって海上を漂流している間にジャコウのようなよい香りに熟していくそうです。発見時の龍涎香のことをウィリアム氏は「イカと農場の肥やしが混ざったような独特の悪臭を放っていて見た目は固いゴム製のボール、手触りはワックスやろうそくのようでした。触るとワックスのようなものが指につきました」と語っています。

ウィリアム夫妻が持ち帰った塊を量りで調べたところ、重さは1.57kg。2013年にもランカシャー州で2.7kgの龍涎香が見つかっており、その時の価格は12万ポンド(約1900万円)にも上ったとのこと。

夫婦はバイヤーと価格を交渉中で、「もしこの龍涎香が価値のあるものだったら、長年夢見てきたトレーラーハウスを買いたい」と語っています。

ゲイリー・ウィリアム
 発見者のゲイリー・ウィリアム氏

 
http://gigazine.net/news/20160430-whale-vomit/
続きを読む

キットカット
1: 探求の隠者 2016/04/22(金) 15:14:27.72 ID:CAP_USER*
子どもだけでなく大人にも幅広く好かれているお菓子といえばチョコレートだ。気軽に小腹を満たすことができ、コンビニで買って仕事しながら食べているようなビジネスパーソンも少なくないだろう。

そんなチョコレート菓子市場で、1日に400万枚以上、年間15億枚以上を売るロングセラーがネスレ日本の「キットカット」。これは日本一の売り上げといわれている。

実際に全国食品スーパー250万人の購買行動から算出する、カスタマー・コミュニケーションズが構築・運用する「TRUE DATA」によれば、2016年1月の全国のスーパーにおけるチョコレート菓子のトップシェアはキットカットの5.14%。ロッテ「ガーナ」(5.10%)、江崎グリコ「ポッキー」(4.41%)などと激戦を繰り広げている。

まずは歴史をたどろう。
キットカットは1935年にイギリスで誕生。当初は「チョコレートクリスプ」という商品名で販売が開始された。 産業革命時代に、工場がどんどん建設されていく中、イギリスで働く労働者の環境は決して良くはなかったといわれている。そこで、仕事をしながら手軽にエネルギー補給が出来るようにとの想いから片手で食べることが、できるチョコレートとして開発されたのがキットカットの始まりだ。

では、いったいなぜ「キットカット」はこれほどまでの人気を確立することが出来たのだろうか?。そのヒントは2015年末に数量限定で発売された1本2016円の「金のキットカット」についてスタッフが質問した際の槇さんの何気ない一言の中に隠されていた。


「何か話題がほしくて作っちゃったんですよね」

チョコレート菓子として不動の地位を確立しているにもかかわらず、「面白そうだからやってみる」という攻めのチャレンジ精神がネスレ日本にはある。金のキットカットに限らず、キットカットには訪日外国人にも大人気の抹茶味をはじめとして、さまざまなフレーバー(味)のバリエーションがある。15年前から始まった多種展開は累計約300種類にも上るという。


http://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20160422_114985/
続きを読む

給油間違い
1: ドラゴンスリーパー(長野県)@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 16:42:48.56 ID:sKJAFsEy0.net
JAFは、2015年12月の1ヶ月間で、ドライバー自身が燃料を入れ間違えたとしてJAFへ救援依頼した件数が269件にのぼることを発表した。 実際には、ドライバーが入れ間違いに気付かず、走行不能などのトラブルとなって救援依頼されたケースも考えられるため実際にガソリンを入れ間違えるドライバーの数は、さらに多いことが予想されるとのことだ。

なお、都道府県別の燃料入れ間違えJAF救援依頼上位地域としては1位東京・神奈川、3位大阪の順となっている。

入れ間違いの原因としては、「うっかりしていた」「普段乗らない車だった」「軽自動車は軽油と思った」といったものが多くドライバーの認識不足や勘違いがトラブルに繋がっているとのこと。つまり、首都圏などが上位に入っている理由が、レンタカーやカーシェアリング、社用車などマイカーではないクルマに乗る比率が高いことが考えられる。

しかし、クルマに興味がないドライバーが、スーパーの買い物感覚で、今日は軽油が一番安いからと軽油にしておこうというような誤った理由で軽油を入れてしまうということや、今人気のクリーンディーゼル車が社用車などで使われはじめると、うっかりレギュラーガソリンをいつもの癖でいれてしまうといったトラブルも充分想定できる。

先日ご紹介したタイヤの空気圧不足でバーストしてしまう事象などを含め、ドライバーの認識不足が原因だが、事故や故障が多発するということであれば、ドライバーの認識不足だけで片付けることはできない。例えば軽油のノズルは三角で、レギュラーガソリンは四角にするなど、今後はうっかり間違えても給油できないような物理的な対策も検討したいところだ。


http://jp.autoblog.com/2016/04/04/jaf-gas-station-2016/
続きを読む

ポテトとソーセージしか食べない男 (1)


ポテトとソーセージしか食べない男 (2)
1: シャイニングウィザード(庭)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 15:40:31.35 ID:Zu3JZY5d0.net
写真の男性、Daniel Pennockさん(26歳)は、22年間ソーセージとポテトチップスしか食べてきませんでした。いわゆる摂食障害で、彼の父親が普通の食生活ができるようにしてほしいと訴えています。Dannielさんは、4歳のときにソーセージとポテトチップス以外のものを食べなくなりました。

しかし、ひどいのは彼だけではありません。彼には、元恋人との間に2人の子どもがいるのですが、5歳の娘と3歳の息子もソーセージとポテトチップスしか食べないのだそうです。数年前にダイエットを始める前は、170cmの身長に対し、体重は120kgでしたが、現在は約103kg。「他のものを食べようとすると、病気になりそうな感じを覚えるんだ」と語る彼。彼と彼の子どもの今後の人生はどうなるのでしょうか。


http://sekainonews.com/archives/2100
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48