2016年07月

妖精を調べる (1)


妖精を調べる (2)


妖精を調べる (3)
1: 野良ハムスター 2016/07/26(火) 09:01:05.63 ID:CAP_USER9
メキシコのDNA研究所は、「妖精の死骸」とされる2体の生物標本の科学的調査を実施した。このうちの1体である「ミイラ化した妖精」については、DNA検査の結果、ヒトのDNA配列に極めて近いという結果が出た。ヒトと妖精のDNA配列は98.5%までが共通のものだったという。

一方、もう1体の標本「羽の生えた小人の妖精」の調査結果は、さらに奇妙なものであった。DNA検査の結果、羽の生えた妖精のDNA配列は、既知の哺乳動物やその他の生物のどのDNAとも一致しないことが判明したのだ。

妖精や人魚、河童など、空想上の生物の標本は世界中に数多くあるが、その多くは複数の生物の死骸をつなぎあわせてそれらしくみせた作り物であることが分かっている。しかし、X線撮影によって今回の妖精の骨格を調べた研究者リカルド・ランゲル氏は、この標本が作り物ではないことを断言している。

さらなる詳しい調査が期待される。


http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2624
続きを読む

カレー
1: ダブルニードロップ(東日本) 2016/07/24(日) 14:39:19.75 ID:topXxA8Q0
Jタウン研究所では以前、「ラーメンの『いらない具』といえば?」という調査をしたことがある。そこで今回は、ラーメンと肩を並べる日本の国民食・カレーの「いらない具」を調査する。 給食や食堂などのメニューでもおなじみのカレーだが、具はまちまちだ。ビーフカレー、ポークカレー、チキンカレー、シーフードカレー、夏野菜カレーなどバリエーションが豊富なため、何を主役にするかでも議論が盛り上がりそうだ。
 
カレーなら何を具にしてもおいしく食べることができそうだが、「この具は嫌い」「この具はなくていいと思う」という人もいるかもしれない。


http://j-town.net/tokyo/research/votes/229437.html
続きを読む

ガソリンスタンド
1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/07/20(水) 16:07:33.22 ID:CAP_USER9
約1年前、本連載でガソリンスタンド(以下、SS)が急激に減少し、地方の過疎地で“石油難民”を生み出している実態を指摘した。SSの減少はその後も止まるところを知らず、危機感を抱いた経済産業省資源エネルギー庁を中心とした関係団体は、「SS過疎地対策ハンドブック」なるマニュアルを作成する事態にまで至っている。

このハンドブックは、経済産業省資源エネルギー庁、石油元売各社、全国農業協同組合連合会、石油連盟、全国石油商業組合連合会(各都道府県石油商業組合)で組織された「SS過疎地対策協議会」が作成した。

SS減少の実態をみてみると、全国のSS数は1994年度末の6万421カ所をピークにその後は減少が続いており、14年度末時点で3万3510カ所と約半数に減少している。その原因はガソリン需要の減少、後継者難等によるところが大きい。

ガソリン販売量は、少子高齢化や自動車の燃費向上等といった構造的な要因のため、今後も減少傾向が続くとみられている。この販売量の減少は、SSの減少に直接的に影響を与えている。SSでは商品の差別化が難しいことから、どうしても価格競争に走ることになる。特に人口減少が著しい地域ではSSの収益率が低下している。


http://dailynewsonline.jp/article/1166177/
続きを読む

考え方
1: 野良ハムスター 2016/07/21(木) 18:57:08.64 ID:CAP_USER9
サラリーマンなら大っぴらに副業で稼ぐのは難しいとしても、家計の見直しで捻出できた手元資金を運用に回して殖やすことも十分可能です。そしてもうひとつ重要なのは、お金に対する価値観を考え直してみることです。そもそもお金がないことが本当に不幸なのか、自ら問い直してみるといいかもしれません。

たとえば、いまの日本の20代について考えてみましょう。バブル崩壊後に生まれ、車を持たないなど贅沢しない生活が当たり前となっています。彼らは自分たちが不幸だとはいわれたくないでしょうし、おそらくこの先、年金が少なくても時代に合わせた生活を送れるでしょう。あるいは、北欧諸国では税金や社会保障費を合わせた国民負担率が圧倒的に高く、実際に使えるお金が少ないにもかかわらず、幸福度の高さは世界屈指とされています。

現役時代に支出を抑えて暮らしているからといって、下流でもなければ「負け組」でもない。それどころか将来を見据えれば「勝ち組」といえるかもしれません。物質的に豊かな暮らしから堅実な暮らしへと、前向きに切り替えることができれば、将来の不安はグンと減ります。

お金に対する価値観を変えることによってライフスタイルも気持ちも大きく変化させることが可能です。それこそが老後の下流転落から救ってくれるなによりの処方箋かもしれません。


http://www.news-postseven.com/archives/20160721_418949.html
続きを読む

懐かしい
むかし、
夏休みの期間中、TV局は午前中アニメの特別番組を月曜から金曜日まで放映してましたよね
その事について話し合いたいと思います
続きを読む

ワープロ
ワープロの方がPCより使いやすかった。
この事について意見交換したいと思います。
続きを読む

不要な教科
1: ネックハンギングツリー(東日本) 2016/07/19(火) 15:12:58.27 ID:7BMeKmrY0
一生懸命頑張ったけれど、いざ社会に出てみたら驚くほど通用しないのが学生時代に学んだ知識。そこで実際、「仕事に最も役立たなかった」と 感じる教科はどれか、社会人男性に聞いてみました。

Q.男性に質問です。学生時代(小中高大)に習った教科で今の仕事にまったく役に立っていないと思うものはなんですか?

第1位 数学……9.9%

同率第1位 英語……9.9%

第3位 理科……9.4%

第4位 歴史……7.9%

第5位 家庭科……6.9%


今回のアンケートでは、なんと数学が1位という結果に。数があふれる仕事の現場で、数学の知識が通用しない理由とは? その他、 それぞれどう役に立たなかったか詳しく聞いてみましょう。

算数は役に立ったけど数学は意味ない
・「数学。生活では足し算や引き算などの算数ばかりでほとんど使わない」(33歳/食品・飲料/その他)

実践ではあまり役に立たない英語
・「英語。仕事中、外国人のお客さんにし質問されても答えられない」(34歳/運輸・倉庫/その他)

理科の知識は一生使わないかも?

・「理科。専門分野に進まない以上、人生においてほぼ使うことはない」(31歳/その他/その他)

歴史で暗記した知識は一体
・「歴史。特に昔になればなるほど必要でない」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

実生活では役立つけれど、仕事では使わない家庭科
・「家庭科。少なくとも仕事では針仕事や包丁仕事はしないから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)


http://news.biglobe.ne.jp/trend/0719/myw_160719_1190885128.html
続きを読む

考え方
乙姫は亀を助けた浦島太郎に感謝したのだろうか?
豪華な食事と遊戯で接待した後、帰りのお土産に玉手箱を渡す必要はあったのだろうか?

その事について話し合いたいと思います。
続きを読む

疑問
1: シャチ  2016/07/17(日) 11:36:18.08 ID:CAP_USER9
県東部で冠婚葬祭事業を展開する平安(沼津市)が、伊豆の国市長岡の慈広会記念病院の道路向かいに新たな葬祭会館の建設を計画していることが14日、分かった。病院側は「入院患者の療養環境に重大な影響を与える可能性があり、地元でも納得していない住民が多い」と反発。

同社は取材に対し、「現実的に住民全員の同意を得ることは難しい。反対意見は真摯(しんし)に受け止めるが基本的な建設の方針に変わりはない」と説明した。建設計画地は移転が予定されている生コン工場の跡地。病院によると、2年前に生コン工場側から 移転に関する説明があった際に平安の関係者も同席し、葬祭会館の建設計画が示された。住民からは 「旅館やホテル、商店の客足減少が予想される」「地価が下がり資産価値が減少する」などの反対意見が相次いで紛糾したという。

説明会では昨年秋に着工、今春に完成というスケジュールも明かされたが、これまで大きな動きがなかったため「立ち消えになったと思っていた」(病院関係者)。しかし、6月に地元の坪ノ内地区に対して建設に関する通知があったという。

病院側は「懸命に生きようとする患者の方たちの気持ちにどれほどのダメージを与えるかは明らか」と訴えている。市は「計画地は市街化区域で、法律上問題がなければ行政としては静観するしかない」という立場だ。平安は近く住民説明会を開く方針。「これまでの葬祭会館も住民全員が建設に同意していたわけではないが、なるべく理解を得られるように努力を続けていく」としている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000007-izu-l22
続きを読む

売れない本屋
1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/07/16(土) 11:01:16.67 ID:CAP_USER9
スマホの普及もあり、書店業界を取り巻く環境は、年々厳しさを増す。全国の書店は2015年で約1万3400店。2000年に比べ約8000店も減った(アルメディア調べ)。大手書店の再編は止まらない。2008年に丸善が、2009年にはジュンク堂書店が、大日本印刷の子会社になった(2015年2月に合併)。トーハンは2013年に阪急電鉄系のブックファーストも子会社化。2015年には文化の発信地だったリブロの池袋本店が閉店し、今年2月には芳林堂書店が負債約20億円で自己破産した。


稼ぐのは図書館と学術書部門

書店が低迷する中、屋台骨を支えているのは、実は店頭で売る本ではない。 丸善ジュンク堂書店の親会社である丸善CHIホールディングス(HD)の部門別利益を見ると(2016年1月期)、書店を含む店舗・ネット販売は3.3億円の営業赤字だった。最も利益を上げた事業は図書館サポートだ。

もともと大学図書館に強みを持つ丸善と、公立図書館に強い図書館流通センターが統合し、図書館運営受託では現状トップ。受託する図書館数は前期末で1091館ある(前々期末比213館増)。部門利益は21億円で5年前の2.6倍に増加。背景には、図書館への指定管理者制度の導入で運営費抑制を図る、自治体の思惑が見逃せない。

図書館サポートだけではない。丸善CHIは大学や研究機関向けに洋書・学術書を販売する文教市場販売でも前期は部門利益18億円を稼いだ。いまや「図書館サポートと文教市場販売が収益柱になっている」。


20年前より4割減、実は雑誌不況

「今は出版不況と言う人がいるが、雑誌不況と言ったほうが的を射ている」と、ある書店幹部は打ち明ける。

書籍・雑誌の販売金額は、1996年の2兆6564億円をピークに、2015年には1兆5220億円と4割超も落ち込んだ。中でも雑誌はこの20年間で半減。卸最大手の日本出版販売(日販)の2016年3月期決算では、雑誌の売上高が32年ぶりに書籍を下回った。同じ書店でも、紀伊国屋のような大型店は書籍比率が約8割を占める反面、中堅中小の書店ほど雑誌比率が高く、経営を圧迫している。

神奈川県川崎市に本社がある文教堂グループHDは、住宅地など比較的中小の店舗が多い。2015年8月期は自己資本比率がわずか2.8%に低下。売上高構成比は書籍38%に対し、雑誌35%、その他27%だった。現在注力する「その他」とは、文教堂ホビーで扱うプラモデルや模型、ミニカーなどだ。アニメガ店ではアニメグッズも展開。本社にグッズ開発を専門で行う部署も新設した。今後は従来以上に趣味性の高い分野をそろえる。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160716-00127461-toyo-bus_all
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48