2016年09月

デパート
1: 隠者ニュース(優しい国) 2016/09/28(水) 21:46:31.30 ID:bHKyx01b0
昔はデパートの屋上で遊んだり、おもちゃ売り場に行ったり、親の買い物が
終わったらレストランで食事するのが楽しみだったけど今はそれがない・・・
続きを読む

sa1


sa2


sa3
1: 急所攻撃(東京都) 2016/09/27(火) 00:39:43.26 ID:A3KmOaXo0
欧州と米国の科学者らが南極に3つの古代ピラミッドを発見した。研究者によると、これらの構造物は人が作ったもの。 氷河期の古代人の声を再現 大昔、南極は居住に好適な大陸で、その表面は森林で覆われていたとされている。 今日、南極は完全に氷で覆われているが、しばしば様々な古代の動物の化石が見つけられている。 発見は人類の歴史をひっくり返してしまうかもしれない。

大陸に人工ピラミッドが存在するとなれば、かつてここに動物だけでなく人が住んでいたことの証拠となる。科学者たちは次の遠征で詳細にピラミッドを調べる予定。




http://jp.sputniknews.com/science/20160926/2820789.html
続きを読む

お勧めのお茶
1: アトミックドロップ(catv?) 2016/09/22(木) 07:23:07.00 ID:vFG0a1nF0
普段どんな日本茶を飲んでますか?
また、オススメのお茶はありますか?
続きを読む

廃墟の写真 (1)


廃墟の写真 (2)


廃墟の写真 (3)


廃墟の写真 (4)


廃墟の写真 (5)
1: 毒霧(南アフリカ共和国) 2016/09/23(金) 12:36:32.57 ID:KRSbsE170●
奈良ドリームランド跡地 遊具類来月解体へ

10年前に閉鎖した、奈良ドリームランドの跡地に残されていた遊具や施設の解体作業が来月から始まることがわかりました。ただ、跡地の用途はまだ決まっていないということです。

奈良ドリームランドは2006年に閉園し、去年跡地が大阪の不動産会社「SKハウジング」に落札されました。「SKハウジング」によりますと、跡地内に侵入したり夜間に騒ぐ人が後を絶たないことから、安全対策として今も残されているジェットコースターなどの遊具のほか、ホテルや倉庫といった敷地内の施設を解体することにしたということです。

工事は来月から始める予定です。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000013-mbsnewsv-l29
続きを読む

ショッピング
1: ファイヤーバードスプラッシュ(東日本) 2016/09/13(火) 08:37:11.35 ID:n3arJIqU0
女性の「買わなきゃよかった!」トップ3
それでは早速、女性が買って後悔した高額商品、上位3つを見ていきましょう。

1位:衣料品・装飾品(20票)

2位:家電(19票)

3位:宝石(13票)

女性においては、1位と3位に“身に着けるもの”がランクイン。


男性の「買わなきゃよかった!」トップ3
一方で男性は、トップ3に生活における高額商品が並びました。

1位:家(25票)

同率2位:車(14票)

同率2位:家具(14票)

マイホームや車は、所帯をもつ男性が手に入れたいものですよね。それこそ、人生を左右する大きな買い物です。後悔してもしきれない・・・  というのが本音なのではないでしょうか。


http://wooris.jp/archives/218362
続きを読む

朝からカレー
1: オリンピック予選スラム(東京都) 2016/09/21(水) 07:29:31.19 ID:ncLKkRvN0
ハウスのザ・ホテルカレーなかなかうまい。
レンチンできるし(´・ω・`)
続きを読む

1024px-Whitehousetour_cropped
1: スパイダージャーマン(東京都) 2016/09/17(土) 23:32:47.53 ID:N5l5neYF0
どんなイメージをもってますか?
続きを読む

乾電池
1: 経理の智子 2016/09/22(木) 17:30:27.58 ID:CAP_USER9
イギリスのオックスフォード大学には1840年に製造された電池が保管されており、今日に至るまで176年もの間作動し続けている。この電池は世界で最も長く作動している電池としてギネス記録に登録され、いまだにこの記録は破られていない。しかしその内部構造はいまだに解明されておらず、あと何年作動するかは知る由もない。

オックスフォード電鈴(Oxford Electric Bell)と呼ばれるこの装置は大学のある実験室に設置されている。この装置は二つの電池と二つのベルからなり、電池の下には各々ベルが付けられている。そしてベルの間には直径約4㍉の金属球がつるされている。

静電気の影響により、金属球は両側にあるベルを相互にたたく。金属球がベルに触れるとベルの上の電池から充電され、帯電した金属球は静電気の作用によりもう一つのベルに吸い寄せられる。このような現象が延々と続くのである。

記録によると、ごくまれに湿気の影響で装置が止まることがあったが、オックスフォード電鈴は1840年から今日に至るまで約100億回も鳴ったという。

今日まで、オックスフォード電鈴の内部構造を知る人は誰一人としていない。もし分解して中身を見ようとすると、この長い歴史を持つ文物を破壊することになるからだ。この装置がいつまで動き続けるかは不明だが、当分の間はその世界記録は破られないことは明らかだ。




http://www.epochtimes.jp/2016/09/26085.html
続きを読む

歯磨き
1: 膝靭帯固め(東京都) 2016/09/17(土) 10:44:35.59 ID:LVTyyUoS0
いつすればいいの?
続きを読む

人の考え
1: 経理の智子 2016/09/18(日) 20:55:19.20 ID:CAP_USER9
都内の商社に勤務する松本隆二さん(50)は、昨夏に父が天国へと旅立った日のことを思い出す。「夜、妙な胸騒ぎがして寝つけずにいると、ふと、がんで入院している75歳の父の顔が浮かんだ。『何だか嫌な予感がするな』と思っていると、翌朝、実家の母から父が亡くなったと連絡が入った」


こうした「虫の知らせ」を経験した人は少なくないだろう

驚くべき調査報告がある。2012年、NPO法人・プライマリヘルスケア研究所が「家族や親しい人の臨終に居合わせなかった経験がある人」を対象にアンケート調査を実施した。その結果、207人中87人、実に42.0%が「虫の知らせ」があったと回答したのだ。この調査に参加した吐師秀典・代表理事がいう。

「想像以上の数でした。『故人の声がハッキリ聞こえた』など、単なる偶然とは思えない例も多かった」 「虫の知らせ」とは、『大辞泉』によれば〈よくないことが起こりそうであると感じること〉。「よくないこと」の最たるものとして、「身近な人が死ぬ予感」という意味で使われることが多い。

ここでいう「虫」とは、蜘蛛や蝶などの実際に存在する虫ではなく、道教の「三尸(さんし)」を指すという説が有力である。民俗学に詳しい作家の豊嶋泰國氏が解説する。

「三尸とは人間の中に住む3匹の虫のことで、それらが宿主の命に影響を及ぼすと考えられていた。そこから転じて、『虫が好かない』『腹の虫が収まらない』などの言葉とともに自分の意思ではどうしようもないことに『虫』という言葉が使われるようになったといわれています」

滝沢馬琴による江戸時代のベストセラー小説『南総里見八犬伝』には、こんな一節がある。

〈泣くは理(ことわり)母と子の、別れを虫が知らせてか〉

これは、「子供が泣くのは世の中の理だが、いま泣いているのは母子の別れを虫が知らせたからだろうか」という意味。

大昔から「虫」は“悪い予感”を知らせているのだ。


http://www.news-postseven.com/archives/20160916_448643.html
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48