2016年11月

難読症患者の文字 (1)


難読症患者の文字 (2)


難読症患者の文字 (3)


難読症患者の文字 (4)


難読症患者の文字 (5)
1: チェーン攻撃(東京都) 2016/10/29(土) 15:42:27.95 ID:RZ1e1lXR0
あなたは「ディスレクシア」という障害を耳にしたことがあるだろうか。「もしやトム・クルーズが公表したあの……」と思った方はご明察である。「難読症」や「識字障害」とも呼ばれるディスレクシアは、知的能力や理解能力に異常がないにもかかわらず文字の認識に困難を抱える学習障害であり、読み書きだけでなく、文字の発音や理解にも困難を要する。そして驚くべきことに、程度の差こそあれ人口の1割程度が何らかの形でディスレクシアを抱えているという。

では、ディスレクシアの人々にとって、文字はどのように見えているのか? この図であなたも体験することができる。正面からは何の苦労もなく読み取ることができるのだが、見る角度を変えると――文字の要素がバラバラに分解されてしまう。そして本来とは異なる部分が繋がったり重なったりと、文字と認識することは極めて困難だ。写真下に書かれた文字「LONDON COLLEGE OF COMMUNICATION」に至っては、まるでどこか別の惑星の言葉のようではないか。
 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1477723347/
続きを読む

スタートレック
1: もろ禿HINE! ★ 2016/11/08(火) 08:05:36.42 ID:CAP_USER9
映画『スター・トレック』の世界では、有名なワープ・ドライブ(ワープ航法)のおかげで、銀河系の横断がいとも簡単だ。このフィクションのテクノロジーを使えば、人類やその他の文明は何百年もかけることなく、わずか数日で恒星間を移動できる。(参考記事:「『スター・トレック』がつくった未来」)

現実世界では、そこまでの高速移動は不可能だ。なぜなら、宇宙の仕組みを説明するアインシュタインの特殊相対性理論によると、光速より速く移動するものは存在しないから。

現行のロケット推進システムはこの法則に縛られているものの、野心的なエンジニアや物理学者が数多く、スター・トレックの宇宙移動に少しでも近づくための概念設計に取り組んでいる。

「現在もっとも先進的な恒星間旅行のアイデアでさえ、最寄りの恒星まで数十年から数百年の移動時間がかかります。壁は、特殊相対性理論、それに超高速で移動するための技術不足です」と言うのは、恒星間飛行に向けた取り組みを専門とする非営利団体イカルス・インターステラーの創設者であるリチャード・オバウシー氏だ。

「光より速く移動できる宇宙船を作ることができれば、銀河の探査と人類移住の可能性が開けます」


http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/110100411/
続きを読む

疑問
1: フライングニールキック(新疆ウイグル自治区) 2016/10/23(日) 12:21:33.24 ID:NBM1zqJj0
やり直す時期いつがいい?
続きを読む

カジノ
1: カーフブランディング(東京都) 2016/11/03(木) 14:06:08.46 ID:EWvvPToS0
(CNN) 米ニューヨーク市クイーンズにあるカジノで、スロットマシーンで4294万9672ドル(約44億円)を引き当てたとしてディスプレーの前で自撮りまでした女性が、金額の表示は機械の不具合によるもので、結果は無効だと告げられる憂き目に 遭っていたことが3日までに分かった。女性には代わりに同カジノからステーキのディナーがごちそうされた。

カトリーナ・ブックマンさんは8月下旬、クイーンズにあるカジノのスロットマシーンで大当たりを引き当てた。ブックマンさんは4294万9672ドルとの金額が表示されたディスプレーの前で、興奮した自身の様子を撮影。この金額は米国のスロットマシーンによる賞金としては史上最高額となるはずだった。

だが、ブックマンさんが翌日、正確な賞金額を確かめるためにカジノに戻ったところ、従業員から興奮を台無しにする言葉が告げられた。賞金内容について尋ねると、「1銭も獲得してません」との返答が帰ってきたという。マシーンにより印字された実際の獲得金額は2.25ドルで、カジノ側はこれを支払う意向を申し出ている。

ニューヨーク州の賭博規制当局によると、ブックマンさんが使っていたスロットマシーンは機械の不具合を起こしていたという。このマシーンには同カジノ内の他のものと同様、機械の不具合の場合は獲得賞金やプレー結果が無効になるとのただし書きが添えられている。

ブックマンさんはCNN系列局WABCの取材に、「私の頭に浮かんだのは家族のことだけ」と声を震わせながら答えた。ブックマンさんは里親の家庭で育ち、シングルマザーとして4人の子どもを育てていた。

写真
 ※当たった金額の写真


http://www.cnn.co.jp/fringe/35091588.html
続きを読む

キリストの墓 (1)


キリストの墓 (2)


キリストの墓 (3)


キリストの墓 (4)
1: ダース・シコリアン卿 ★ 2016/10/30(日) 20:37:40.94 ID:CAP_USER9
エルサレム(Jerusalem)旧市街の聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)にある「キリストの墓」が、修復作業の専門家によって少なくとも2世紀ぶりに開かれた。

AFPのカメラマン、ガリ・ティボン(Gali Tibbon)は修復作業の一部に立ち合い、紀元後33年頃にキリストの遺体が安置されたとされる岩窟の上に建てられたこの教会で撮影を行った。

現場の専門家らがAFPに語ったところによると、修復作業と考古学調査の一環で、キリスト教の聖地であるこの場所の大理石の厚板を3日間にわたって取り外した状態にした。教会関係者によると、厚板を動かしたのは、火災を受けて1810年以前に行われた前回の修復作業以来という。

キリストは岩窟に葬られた後に復活したとされる。この岩窟の上には19世紀に聖堂が建てられ、毎日大勢の観光客や巡礼者が訪れている。

修復プロジェクトは来年3月の復活祭頃に完了する予定。見学や礼拝は可能だが、装飾が施された聖堂の周囲には足場が組まれている。
 

http://www.afpbb.com/articles/-/3106194
続きを読む

駄菓子屋
1: ドラゴンスクリュー(新疆ウイグル自治区) 2016/11/03(木) 11:50:09.60 ID:4sO3SoTy0
低価格の商品ばかり売っていて儲かるとは思えない
続きを読む

おでん
1: 張り手(東日本) 2016/10/30(日) 16:20:37.39 ID:ndZpH4ka0
紀文食品が「紀文・家庭の鍋料理調査2016」という調査結果を発表した。この調査に含まれている「おでんは主食かおかずか」という内容が、話題となっている。

調査結果によると、「おでんをおかずに主食を食べる」と回答した人は既婚男性で66.9%、主婦で72.9%にのぼり、圧倒的に「おでんはおかず派」が優勢となった。

これに対してTwitterでは、

「うそっ!おでんってつまみでしょっ!!??」
「おでんは主食でもおかずでもないつまみw」
「おでんは飯じゃなくて酒の肴と捉えればスッキリするよ」
「おでんは『おかず』か『主食』かって話題になってるけど『つまみ』が正解でしょ」

と主張する「おでんは酒のつまみ派」からの投稿が多く見られた。

「どちらかというと、おやつです・・・」
「おやつだなぁ、個人的におでんは白米に合わないしかといっておでんだけ食べ続けられない。よっておやつの感覚ですわたしは」
「主食ではないし、おかずにもならないから、おやつ的なやつじゃないですかね」
「私はおやつだと思ってるから夕食に出るとかなり不機嫌です」

と「おやつ派」からのコメントも寄せられている。また、

「主食だとかおかずだとかそういうことではない。おでんはおでんである」
「おでんは好きなんですけどね・・主食かおかずかと聞かれても、どちらでもないとしか答えようがない・・」

と、「おでんはおでん」でしかないという声もあった。

ちなみに紀文食品によれば、おでんのルーツは平安時代。拍子木形に切った豆腐に竹串を打って焼いた「豆腐田楽」にあり、
街頭でスナック感覚で食べられていたという。その後、みそ味の「煮込みおでん」に変化し、明治時代に汁気があるおでんに進化を
遂げてお座敷でも食べる人気メニューに。徐々に現在のおでんに近づいていったという。

“おでん論争”がここまで白熱したのは、気温が下がりおでんが恋しい季節になったのはもちろん、おでんが国民食として愛される
「永遠の定番メニュー」だからに違いない。


http://r25.jp/off/00053563/
続きを読む

25万年前のアルミニウム (1)


25万年前のアルミニウム (2)


25万年前のアルミニウム (3)


25万年前のアルミニウム (4)


25万年前のアルミニウム (5)
1: 経理の智子 2016/10/23(日) 23:39:00.19 ID:CAP_USER9
ルーマニアで、約25万年前のものとみられる、アルミニウム製の謎の物体が見つかっていたことが分かった。物体の形状は人工的に加工されているように見えるが、人類がアルミニウム精錬に成功したのはたかだか200年程前のことであり、常識では説明がつかない。このため古代に地球に飛来したUFOの部品である可能性が指摘されている。

問題の物体は1973年、アイウドの町に程近いムルシュ川岸の地中から出土した。発見後、長期にわたって機密扱いとされ、最近になってようやくその存在が明らかになったという。

発見時の状況は、川岸で土木工事中だった作業員が、地下10メートルの深さに埋まっていた奇妙な物体3つを掘り出したと伝えられている。ある考古学者がこれらの物体を買い付けて調べたところ、3つの物体のうち2つは、1万年~8万年前に死んだ大型絶滅哺乳類の化石であることが判明した。残る1つの物体は、非常に軽い金属製で、斧の一部のような形状をしていた。

問題の金属体は、2つの化石といっしょにルーマニアの都市クルジュ=ナポカに送られ、専門家によって分析された。物体の大きさは、長さ20センチ、幅12.5センチ、厚さ7センチ。何かもっと大きな機械の部品であることを想起させる人工的な凹凸があった。

クルジュ=ナポカでの分析の結果、物体は12種類の金属から組成されており、このうち90%の成分がアルミニウムであることが分かった。また年代は約25万年前のものであることが確認された。

当時の分析結果が正しかったことは、後にスイス・ローザンヌの研究所の調査で確認されている。人類がアルミニウムの精錬に成功したのは、英国の化学者デービーが1807年に明ばん石(アルミナ)を電気化学的方法で分離したのが最初とされており、アルミニウム製の人工物が25万年前(ホモ・サピエンスの出現とほぼ同時期)に存在していたとすると、これまでの考古学では説明がつかない。

一方、この物体について郷土史家ミハイ・ウィッテンバーガー氏は、第2次大戦時のドイツ空軍の戦闘機メッサーシュミットMe262の部品であると主張している。しかし、25万年前のものとした年代測定結果とは矛盾する説明であり、いまも結論は出ていない。

この謎の物体は現在、クルジュ=ナポカ歴史博物館に展示されている。説明プレートには「由来不明」と書かれているという。

 
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2666
続きを読む

タブレット
1: レッドインク(新潟県) 2016/11/01(火) 13:05:53.23 ID:i8YRFGPx0
米調査会社IDCは10月31日、2016年7~9月期のタブレット端末の世界出荷台数が前年同期比14・7%減の4300万台だったと発表した。画面の大きいスマートフォンの普及を背景に、タブレット市場が縮小している。メーカー別では首位の米アップルが6・2%減の930万台、2位の韓国サムスン電子も19・3%減の650万台と、ともに不振だった。


http://www.sankeibiz.jp/business/news/161101/bsj1611010938005-n1.htm
続きを読む

ヒスイの写真 (1)
1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2016/10/21(金) 22:47:27.85 ID:CAP_USER9
ミャンマー北部のカチン(Kachin)州パーカン(Hpakant)で先週、同国で過去最大で高品質のヒスイの原石が発見された。

この原石は、同地にあるヒスイ採掘場の地中60メートルで発見された。大きさは5.8メートルで、重さは170トン以上とみられる。その価値は約1億7000万ドル(約170億2000万円)以上との評価もあるが視察した与党・国民民主連盟(NLD)のティ・ソー(Tint Soe)議員は約540万ドル(約5億6000万円)との予想を示した。

原石は、あまりに巨大で、所有者によるとこれを移動させる装備がないとして、発見された状態のままにされている。

ヒスイの写真 (2)


http://www.afpbb.com/articles/-/3105101
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48