海外ニュース

18年間ゴリラと暮す (1)


18年間ゴリラと暮す (2)


18年間ゴリラと暮す (3)


18年間ゴリラと暮す (4)
1: ハイキック(dion軍) 2016/08/20(土) 23:15:29.33 ID:SMZoUtzg0●
You wouldn't believe how much we spend on bananas! Digit the gorilla has lived with a French couple for 18 YEARS

Digit the gorilla has lived with Pierre and Eliane Thivillon in their home near Lyon, France, for 18 years

Despite her huge size, she is still a softie and relies on her adoptive human parents around the house

Until she was a teenager, Digit would try to share the bed with her owners - but she's too big now


http://www.dailymail.co.uk/news/article-3749234/You-wouldn-t-believe-spend-bananas-Digit-gorilla-lived-French-couple-18-YEARS.html#ixzz4Hsjy7v3d
続きを読む

キリスト像 (1)


キリスト像 (2)
1: 名無しさん@1周年 2016/08/14(日) 02:47:27.82 ID:CNc/33bv0
イエス・キリストは自らがメシアであることを証明するために数々の奇跡を起こし、多くの信奉者を獲得していったといわれている。現代においても、聖母の出現や、身体に現れる聖痕などキリストの奇跡と思わしき現象はしばしば確認されているが、今回またしても奇跡としか思えない超常現象が起こったという。なんと、目をつむったキリスト像の両目がパチリと開く瞬間が撮影されたというのだ。


目をパチクリ見開くキリスト像

問題の映像はメキシコ・コアウィラ州のサルティージョ教会で、同教会の信者により撮影されたそうだ。撮影時期は6月とされているが、今月に入りメキシコの超常現象研究サイト「Adimensional」が映像を公開すると一気にネット上で話題に。YouTubeでの再生回数は300万回を超える勢いだ。

https://www.youtube.com/watch?v=_2bZ0tjU9hk



http://tocana.jp/2016/08/post_10630_entry.html
続きを読む

06


00


01
1: シャチ  2016/08/06(土) 01:53:12.03 ID:CAP_USER9
中国で、画期的なバスが試験運行をした。

上海の新聞「東方早報」に載ったトンネルのような乗り物。今週から中国北部で試験運行が始まった「空中バス」。2車線をまたぐ専用レールを走り、乗車部分を上げ底にすることで、下を車が通れる仕組み。 交通渋滞の多い中国で注目される一方、現在の交通ルールを大幅に変える必要があるなどの理由で実現を疑問視する声もあがっている。


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160806-00000002-nnn-int
続きを読む

妖精を調べる (1)


妖精を調べる (2)


妖精を調べる (3)
1: 野良ハムスター 2016/07/26(火) 09:01:05.63 ID:CAP_USER9
メキシコのDNA研究所は、「妖精の死骸」とされる2体の生物標本の科学的調査を実施した。このうちの1体である「ミイラ化した妖精」については、DNA検査の結果、ヒトのDNA配列に極めて近いという結果が出た。ヒトと妖精のDNA配列は98.5%までが共通のものだったという。

一方、もう1体の標本「羽の生えた小人の妖精」の調査結果は、さらに奇妙なものであった。DNA検査の結果、羽の生えた妖精のDNA配列は、既知の哺乳動物やその他の生物のどのDNAとも一致しないことが判明したのだ。

妖精や人魚、河童など、空想上の生物の標本は世界中に数多くあるが、その多くは複数の生物の死骸をつなぎあわせてそれらしくみせた作り物であることが分かっている。しかし、X線撮影によって今回の妖精の骨格を調べた研究者リカルド・ランゲル氏は、この標本が作り物ではないことを断言している。

さらなる詳しい調査が期待される。


http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2624
続きを読む

シャワーズ (1)


シャワーズ (2)
1: 動物園 ★ 2016/07/17(日) 15:24:42.09 ID:CAP_USER9
 ニューヨークのセントラルパークに16日夜、レアなポケモンの「シャワーズ(Vaporeon)」が出現、多数のPokemon Goゲーマーが一斉に捕獲に集まり、交通渋滞を引き起こすと共に、辺りは一時、騒然となる事態が発生した。

Pokemon Goは先週、米国でリリースされたスマートフォンのGPS対応型のPokemonゲームアプリで、現実世界に点在するポケモンを探して回るというこれまでにはなかったゲーム性が評判となり、アプリがリリースされるや否や、空前の大ヒットとなったものとなる。

レアなポケモンが出現することによりゲーマーが群衆を成して一箇所に集まってくるという現象は既に、ボストンなどの大都市でも起きていた。今回、セントラルパークで起きた、Pokemon Goゲーマー大集結の現象では、Pokemon Goゲーマーの模様をスマートフォンで撮影しようとする一般人なども集まることで更に大きなものとなった。

ただし、Pokemon Goの場合、レアなポケモンが出現しても、誰かが対戦して勝利して捕獲されてしまえば、それで終わりとなってしまうため、こうしたゲーマーによる群雄割拠事象は一過的なものに止まり、大きな騒動になるまでは発展はしていない。

1433807336
  ※シャワーズ

https://vimeo.com/174821377
動画


http://business.newsln.jp/news/201607162133120000.html
続きを読む

監獄 (1)


監獄 (2)
1: 記憶たどり。 ★ 2016/07/12(火) 10:44:18.32 ID:CAP_USER9
米テキサス州の拘置所で、意識を失って倒れた看守を救うために収監者が集団で「脱獄」する出来事があり、当局が収監者の行動を称賛した。同州パーカー郡の保安官事務所はこの様子をとらえた防犯カメラの映像を公開した。騒ぎは6月23日に発生。裁判所の地下にある拘置所の監房前で収監者と雑談していた看守が、突然椅子の上でぐったりとなり、意識を失った。

収監者たちは監房の扉の前に集まって看守の様子をうかがい何とかして助けようとした。しかし監房から抜け出せば、自分たちが不利な状況に追い込まれることも分かっていた。それでも数秒ためらった後に監房の扉をこじ開け、5人ほどの収監者が監房から出て看守を揺すったり、扉や壁をたたいたり叫んだりして助けを呼んだ。看守の無線を使って外部に連絡しようとした収監者もいた。

看守は脈も呼吸も停止した状態だった。

間もなく騒ぎを聞きつけた別の看守らが地下室に駆け付けて救急車を呼び救急隊は除細動器を使って看守を蘇生させた。保安官事務所では、看守の命が助かったのは収監者たちの素早い対応のおかげだと称賛している。収監者たちは感謝の言葉をかけられて監房に戻った。罪状が重くなることはなかったものの、引き続き暴行や麻薬などの罪に問われている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-35085709-cnn-int
続きを読む

謎の雲
1: キングコングニードロップ(dion軍) 2016/07/04(月) 22:03:57.09 ID:G7eqDIe10●
欧州原子核研究機構(CERN)の物理学・高エネルギー研究所にある大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が、学者や一般市民を再び驚かせ、心配させた。 研究所上空の空の色が紫に変わり、雲から強い渦が立ちのぼった。 超常現象の愛好家たちは、スイス上空に異次元へつながる出入り口が開かれたと考えた。 なお学者たちは、これは微粒子を集める試みが行われた実験によるものだと説明し、市民を落ち着かせた。


http://jp.sputniknews.com/science/20160703/2415156.html
続きを読む

ホワイトハウス
1: ナス八 ★ 2016/07/08(金) 00:26:03.21 ID:CAP_USER9
ワシントン(CNN) 米ホワイトハウスは7日までに、スタッフ全員の2016年の年収額を公式サイト上で発表した。報酬の公表は1995年以降、連邦議会に毎年報告することが義務付けられている。 ホワイトハウスによると、スタッフ総数は469人で人件費の総額は約3500万ドル(約35億7000万円)。

報酬の最高額は17万6461ドル(約1782万円)で該当の高官は16人。マクドーノ大統領首席補佐官アーネスト報道官、シーマス大統領補佐官(政策担当)、ジャレット大統領上級顧問、 国家安全保障問題担当のライス大統領補佐官、同問題担当のローズ大統領副補佐官、大統領次席補佐官のブレッケンリッジ、カネガロ両氏らが含まれる。 大統領としてのオバマ氏の年収は40万ドルだが、今回のリストの対象外となっている。


http://www.cnn.co.jp/business/35085546.html?tag=top;mainStory
続きを読む

透明な魚 (1)
1: セントーン(四国地方) 2016/06/15(水) 21:21:55.60 ID:IqQuMSbg0
メキシコ沖で体のほとんどが透明な不気味な魚が発見されたようです。 GRINDTVによると、この小魚を捕まえたのはアメリカ、サンディエゴの漁師たちで、マグロ漁の餌となる小魚を捕獲している最中に、偶然捕まえられたものだそうです。

全身がほとんど透明という奇妙な容姿で、誰もこの魚が何の種類の魚かわからなかったため、漁師たちはサンディエゴに戻ったとき、魚の専門家に持ち込む予定だったそうです。 しかし途中でかわいそうになり、海に返してしまったそうで、残っているのは写真だけとなってしまいました。

この魚の画像はネットでも話題になり、いろいろな憶測が飛び交ったそうですが専門家が言うにはニザダイの子供ではないかということです。


http://www.grindtv.com/wildlife/mystery-fish-caught-mexico-trip-identified/#XRQ08pp5BYsyMG1g.97
続きを読む

ツタンカーメン
1: ファイヤーバードスプラッシュ(長野県) 2016/06/12(日) 16:41:00.69 ID:U2EumQpl0
「黄金のマスク」で有名な古代エジプトのツタンカーメン王の遺物。エジプト政府は約2800点ある未公開品のお披露目に向け、本格的な修復に乗り出す。傷みの激しい遺物の「延命」には日本の専門家も一役買う。初めて封が解かれる秘宝も多く、約3千年前の王の暮らしを解明する糸口としても期待される。

「王の『ふんどし』です」。カイロ近郊ギザの保存修復センターで、修復士のナグメルディーン・ハムザさんが焦げ茶色の麻布を指さした。三角形で一辺約90センチ。腰に巻きつけて使う。その大きさから「19歳ごろ亡くなった王は、おなかが出ていたようです」という。南部ルクソールの王墓で約150枚見つかったが、大半は傷みがひどい。

ほかにも王のサンダルや手袋、頭巾など身の回り品を中心に約4500点が同センターなどに保管されているが、公開されたのは約1700点という。残りが公開されないのは、光や空気に触れて傷みが進んだり、過去の修復や管理がずさんだったりしたためだ。

「接着剤の選択を誤って遺物が溶けた」「虫がわいた」。悩みを抱えたエジプト考古省は昨秋、文化財の扱いにたけた日本に協力を打診。 日本の専門家に一部を直してもらい、それを手本にエジプト人修復士が作業を引き継ぐ計画を立てた。今後、国際協力機構(JICA)が専門家を募り、来年初頭にも現地に送る。


http://www.asahi.com/articles/ASJ667TXRJ66UHBI02Y.html
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48