天文

UFO
1: 黒髪隠者 2017/03/11(火) 06:35:23.14
UFOの正体を考えるスレッドが2ちゃんねるにあったので取り上げて見ました。考えてみたらUFOとは未確認飛行物体と言う意味で宇宙人の乗り物とは限りません。ゆえにUFOは地球人が極秘に作ったハイパーテクノロジーの産物とも考えられます。

しかし、ネット社会の現代、写真や動画を加工する技術が飛躍的に上がりUFOや幽霊の写真を見ても作りものだと思ってしまいます。神秘性が昔に比べて落ちたUFOですが、たまに大勢の人がいる中で目撃される事があります。宇宙人が乗っているのか不明ですが突然、上空に現れ瞬時に消えるUFOの正体は何なんでしょうね?。


2ちゃんねるの反応

久しぶりの神秘ネタでスレッドは大賑わいでした。オカルト掲示板が過疎化になり大勢の人が見ているニュース掲示板に、このネタが来たので当然の結果だと思います。

スレッドを開くと「焼きそばUFO」やピンクレディーの歌「UFO」などを持ち出し話し合いを茶化す書き込みが多くありますが特に意味はありませんので読み飛ばしても問題ありません。UFOについて正体が判明すると未確認飛行物体ではなくなると言う最もな発言からドローンを開発する過程のテストサンプルなど様々な意見が出ました。

そんな中、UFOはタイムマシンではないかと言う書き込みが一番、説得力がある気がします。オカルトが好きな人達の間では使い古された説なのですが、UFOがこそこそ現れる理由は過去に来て何かの拍子で未来を変えてはいけないと配慮していると考えられます。そして突然、消えるのは猛スピードで移動したのではなく未来の世界に戻る現象だと思います。

広大な宇宙で生物が住む地球に宇宙人がUFOに乗って訪れる可能性は極めて低いのでUFOがタイムマシンだと言う書き込みは説得力があると感じました。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
リアルライブ
UFOは昔から地球を監視しているのか? 50年以上前と同じUFOが今も目撃されていた!
http://npn.co.jp/article/detail/05226142/
続きを読む

冥王星
1: 黒髪隠者 2017/02/27(月) 06:47:05.33
冥王星探査ミッション「ニュー・ホライズンズ」の主任研究官、アラン・スターン氏が惑星から準惑星に降格した冥王星を再び惑星にしようと国際天文学連合に提案しました。冥王星はアメリカが唯一発見した惑星でそれが準惑星になる事を快く思わないアメリカ人も多いと思います、冥王星を発見した天文学者クライド・トンボーの故郷であるイリノイ州では準惑星に降格した冥王星を惑星だと州議会で可決(2009年)するほどです。

アラン・スターン氏の提案を国際天文学連合が受理し話し合いを始めるかは不明ですが却下される可能性が高いと思います。


2ちゃんねるの反応

アメリカが発見した惑星が準惑星に降格した悔しさは分かりますがそれが気に食わないから変更しろと言うアラン・スターン氏の提案は幼稚で首を傾げてしまいます。冥王星が準惑星になったのは国際天文学連合が定めた準惑星国際基準に冥王星が合っただけの事です。これに納得しない人は大勢いると思いますが天文学的な根拠とそれに同意する天文学者の意見が反対派の学者を上回るのならそれに従うべきだと思います。

そして冥王星が惑星だろうが準惑星だろうが星は星です。基準なんて人が勝手に決めた事です。冥王星に意思がありこの事を聞いても「そうなんだ~」と言うと思います。スレッドの参加者も冥王星が惑星でも準惑星でもどっちでもいいという感じでした。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
gooニュース
冥王星はやっぱり惑星? NASAの研究者が惑星の定義変更を提案
https://www.goo.ne.jp/green/column/gizmodo-118675.html
続きを読む

地球
1: 黒髪隠者 2017/02/24(金) 06:54:25.30
生命体が存在する可能性がある惑星が7つも発見されました。7つの惑星には生命の誕生に必要な大量の水が存在しているそうです。もしかしたら既に地球人型の宇宙人が文明を築いているかもしれません。そう考えるとワクワクします。

しかし、残念ながら生命がいるかもしれない惑星は英科学誌ネイチャーによると地球から39光年先にあるため行く事は不可能です。


2ちゃんねるの反応

39光年先にある惑星について本当に生命がいるのか疑問の声が幾つも出ています。遠すぎて確認の方法がない事を学者が言っても信用性はなく書き込みの中に研究予算を手に入れる為の狂言だという意見が出ています。

狂言はともかく我々一般人には39光年先の星を研究する事は出来ないので学者のいう事を聞くしかありません。しかし、数年前から生命体が存在する星が発見されるという報道が連発している為、スレッドに参加している人達も信じていいのか迷っている感じがします。

その為、星の話題で盛り上がるより「俺、今日が誕生日なんだ」と書き込む人のレスに祝辞を書く人が大勢いました。遠くの星の話より身近な話の方が現実味がありますからね。39光年先の星より地球に寄り添っている月に居住する研究をした方が人類に貢献できると思います。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
読売新聞
39光年先、7惑星に生命?表面に水の可能性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00050009-yom-sci
続きを読む

月面着陸
1: 黒髪隠者 2017/02/11(土) 06:51:37.31 0
人類が月に行ってから50年の歳月が経過しました。その間、スペースシャトルが実用化し地球の衛星軌道には宇宙ステーションが作られました。宇宙に進出する技術の発展は目覚ましく火星を開拓する為に人を送ろうとする計画があるほどです。そんな人類が、なぜ月に行かないのか不思議です。


2ちゃんねるの反応


月関係のスレッドが立つと必ず人類は月に行ってない陰謀説派と米国は月に行った派で言い争いになります。毎度、似たような事を双方言うのでAIによる自動書き込みではないかと疑ってしまいます。

人類が再び月に行かない理由として予算の問題を上げる書き込みが幾つかありました。アポロ計画で使用された予算は現在の金額にすると10兆円。莫大な予算を使用してやった事は月に着陸し月面車の運転、石拾い、観測機器の設置だけですから割に合わないです。今は探査ロボットがあるので調査だけならそれで十分だと思います。

また月には人類が注目すべきモノが少なく、価値がある金属や宝石が大量に存在しても地球まで持って来る運送コストを考えると赤字になるそうです。月の砂でコンクリートを作ると耐久性が良くなると聞いた事があるのですが割高になるのなら意味はないです。人類が月に足を踏み入れない理由は予算をかけても資源や情報のリターンが少ないのが原因なのかもしれませんね。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
モ娘・掲示板
もう50年近くも人類が月に行ってない
続きを読む

月の写真
1: 黒髪隠者 2017/01/13(金) 06:36:03.22
これまで月は火星サイズの星が地球に衝突し、その破片が一つに固まって誕生した「ジャイアント・インパクト」説が有力でしたが英科学誌ネイチャー・ジオサイエンスで微惑星が数十回、地球に衝突し、その破片が集まって月が誕生した論文が発表されました。

月の起源であるジャイアント・インパクト説を否定したのはイスラエル・ワイツマン科学研究所に所属するラルカ・ルフさんという方で彼は微惑星と地球を衝突させるシミュレーションを行ない月の誕生は微惑星によるものだと主張しています。

ラルカ氏によると微惑星が20回ほど地球に衝突し地球に土星のような輪が形成されそれが一つになって月が出来たという事です。

もしその説が正しいのなら地球は微惑星が頻繁に衝突する危険な星になるのですが、その兆候は今のところありません。この学説が本当に月起源説になるかは今の所、不明です。


2ちゃんねるの反応

ラルカ氏が発表した論文が素直に正しいと言うレスは皆無でした。と言うよりラルカ氏が発表した説が今一つ理解できず何を書けば良いのか困惑している感じです。その為、スレッド内は雑談や冗談を書く感じになっています。

そんなスレッド内でも何人かは真面目に議論していたので、そのレスを読むと20回の微惑星が地球と衝突し月が出来た事に否定的です。

「もしそれが本当なら他の惑星にも月のような衛星が出来ているはずだ」と言う書き込みには私も同意です。地球に輪が出来る前に微惑星の破片は宇宙の様々な方向に飛んで行くと思います。また、地球に激突した微惑星の破片が衛星軌道まで飛び出し地球の重力に逆らって漂っていられるのか疑問です。地球に引かれて落下すると思います。

ラルカ氏が発表した微惑星による月誕生説はこれまで定説だったジャイアント・インパクト説を覆すのは難しいと思います。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
AFPBB News
月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000001-jij_afp-sctch
続きを読む

Post+-+July+2014+(19)+-+1
1: 黒髪隠者 2016/12/17(水) 04:42:36.31
地球から1040光年離れた惑星「HAT-P-7b」にはルビーやサファイアの雲が存在すると英ウォーリック大学の研究チームが発表しました。研究チームは宇宙望遠鏡「ケプラー」を使い「HAT-P-7b」を観測した結果、同惑星には雲が存在し惑星の平均気温は2500度以上だと判明。

その雲の成分は「コランダム」と言う酸化アルミで混ざる成分によってルビーやサファイアになります。惑星の温度を考えると宝石は気体の状態で存在すると思われます。

この手のニュースは確認方法がないため真偽は不明で2ちゃんねるでも想像で語るしかありません。ですがその語りに「なるほど」と思う事があるので宇宙ネタのスレットは人気があり管理人も好きです。(文/隠者ニュース管理人)


ITmedia ニュース
(ルビーやサファイアの雲が存在? 地球から1000光年先の惑星、英大学が調査)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000070-zdn_n-sci
続きを読む

疑問
1: フェイスクラッシャー(愛知県) 2016/10/29(土) 12:54:55.25 ID:NkxW4Mz60
どうなる?
続きを読む

月面基地
1: 経理の智子 2016/10/24(月) 11:20:43.71 ID:CAP_USER9
天体愛好家が、未知の月面施設を撮影することに成功した。巨大建造物は月の北側にある。奇妙な建造物は月の上部にあり、月の明るい面でははっきりとそれを見ることができる。有名なUFO研究家スコットC.ワーリング氏は、写真を調べた後、この物体は巨大な丸い塔に見えると指摘。

建造物の上部には平らな覆いがあり、建造物側面に影を落としている。 月面での建造物発見は以前にも起きている。ウケルト(Ukert)クレーター付近では、後にエイリアンの基地とされた変わった幾何学的な形の物体が発見されている。ルナ・オービター計画の探査機による写真では、正三角形の硝子の塔が見て取れる。


http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477275643/
続きを読む

コロニー (1)


コロニー (2)
1: ニカワ 2016/10/14(金) 22:31:36.58 ID:CAP_USER9
ロシアや米国など4カ国の宇宙開発専門家らのグループが、衛星軌道上に独立国家「アスガルディア」を建設する構想を発表した。米ニュースメディアのビジネスインサイダーなどが報じている。


構想の概要

グループはパリで10月12日に記者会見を行い、プロジェクトのウェブサイトも公開した。同サイトによると、アスガルディアという名称は、北欧神話に登場する神々の住む国「アースガルズ」に由来(同じく北欧神話に着想を得たアメコミヒーロー映画『マイティ・ソー』でも、神々の住む星「アスガルド」が描かれている)。地上ではなく天空に浮かぶ史上初の「宇宙国家」を目指し、独自の憲法も整備するという。

人類初の人工衛星スプートニク1号が打ち上げられてから60周年にあたる2017年に、プロトタイプの人工衛星を打ち上げる計画だとしているが、技術的な詳細は明かされていない。ビジネスインサイダーの記事は、将来的な目標として、小惑星の資源開発ミッションや、危険な隕石や宇宙ゴミから地球を防衛するミッションの拠点となることを掲げているという。


発案者らの顔ぶれ


プロジェクトのリーダーを務めるのは、旧ソ連圏のアゼルバイジャン出身で現在はロシア国籍のイーゴリ・アシュルベイリ氏。地対空ミサイルシステムなどを開発するロシアの防空企業アルマズ・アンテイのCEOを務めたのち、2013年にオーストリアのウィーンに拠点を置く航空宇宙国際研究センター(AIRC)を設立。現在は国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の宇宙科学委員会で議長を務めている。

記者会見で提供された資料によると、メンバーにはほかに、米ライス大学の宇宙研究所所長、加マギル大学の航空・宇宙法研究所所長、米ジョージ・ワシントン大学の宇宙・高度通信調査研究所(SACRI)所長、ルーマニアの宇宙飛行士の名前が挙がっているという。


国民を募集中。国旗・国歌のコンテストも


アスガルディアのサイトでは現在、国民を募集している。「地球に住む人間なら誰でもアスガルディアの国民になれます」としており、氏名とメールアドレス、国籍を入力すると登録できる(18歳以上であることを確認するチェック欄がある)。

リーダーのアシュルベイリ氏は、英ニュースメディアのガーディアンに対し、「登録者は、それぞれが住む国の国民であると同時に、アスガルディアの国民にもなる。登録者が10万人を超えたら、正式に国として申請できる」と説明している。

サイトのトップページには登録した人数が表示されており、日本時間14日午後2時30分の時点で約9万9999人となっている。

サイトではさらに、アスガルディアの国旗、標章、国歌のコンテストを開催。誰でも応募でき、応募作に対してネット投票を実施する予定だ。いずれも2017年1月20日が応募期限となっている。


アスガルディアの意義は?


ガーディアンの記事には、宇宙法に詳しい英サンダーランド大学のクリストファー・ニューマン博士がコメントを寄せている。同博士は、国連による承認から信頼性をめぐる問題まで、アスガルディアがさまざまな難題に直面するだろうとしながらも、「多くの点でエキサイティングな開発であり、どう進展するか興味深い見ものになるだろう。彼らが提唱している構想は、現行の宇宙法の枠組みを再検討することでもある」と述べた。

ガーディアンの記事は、「私たちは、遠い未来に宇宙での定住を可能にする基礎を敷いているのです」というアシュルベイリ氏のコメントで締めくくられている。


http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476451896/
続きを読む

考え方
1: リキラリアット(長野県) 2016/07/03(日) 16:26:44.13 ID:9UbVMOiV0
天体物理学者のニール・ドグラース・タイソンはそう主張する。そして宇宙人たちは、娯楽として人間の「奇妙な社会」を観察しているのかもしれないと。

タイソン博士は1996年以来、ニューヨーク市にある「ヘイデン・プラネタリウム」のディレクターを務め、さまざまなTV番組にも出演する有名な科学者だ。スペインのテネリフェ島で6月27日?7月2日まで開催された科学と芸術のフェスティヴァル「Starmus」にゲストのひとりとして招かれたタイソン博士は、人類が知性をもった宇宙人と接触する可能性については、自分は以前から悲観的だと語った。

博士によれば、人類の知性は宇宙人と比べてはるかに劣っているため、宇宙人を発見する可能性は非常に低いという。そして、何も知らないほうが人類は幸せに生きていけるかもしれないと彼は考えている。

「人類が宇宙人と遭遇する日を、わたしは恐れています」とタイソン博士は言う。「わたしは彼らに、わたしたちが何も知らず幸せに過ごしていける『動物園』をつくるだけにしてほしいと願っています。その動物園のことを、宇宙人たちは『地球』と呼んでいるのかもしれませんね」

この発言は、スティーヴン・ホーキング博士が2015年7月に語ったことに対して応えたものでもあった。ホーキング博士は昨年、宇宙人の発見は人類の絶滅につながるかもしれないと述べているのだ。


http://wired.jp/2016/07/02/earth-zoo/
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48