生物

120201_mdn1
1: 田中角栄 竹下登 小渕恵三 2016/01/09(土) 17:34:12.790 ID:s5cavJyd0.net
感染症マニアの私が世界の危険な感染症を紹介していきます。
病原体(細菌やウイルスなど)の写真も貼っていきます。
続きを読む

身体の半分を失った魚


sa2


sa3
1: いちごパンツちゃん ★ 2016/01/05(火) 20:32:42.43 ID:CAP_USER*.net
胴体の半分を失っていることから尾ヒレもなく、泳ぐこともできない魚。 そんな状態で6か月も生きながらえた魚は“I-half”(私は半分)と名付けられ地元タイのメディアもその生命力を讃えた。『rt.com』が伝えている。

“I-half”はGolden belly barb(腹部が金色のコイ科の魚)の一種で環境適応能力に優れ他の魚に比べて生命力が極めて強いとされる。魚の中では長寿で平均寿命20年、汚れた水でも生きることができるそうだ。 タイのメディア『Matichon News』によると、I-halfはセメントで囲まれた池で養殖されていたが、池から勢いよくジャンプして飛び出した際に体の骨が砕け、体半分が腐ってしまったという。

水槽に入れられ市場で売られていたI-halfを、たまたま見つけたのがWatchara Choteさん。 体半分でも必死で呼吸をしていたI-halfは、Choteさんが働く魚屋の水槽に落ち着いた。Choteさんはどうせ長くは生きられないと思いつつも、このコイにI-halfとニックネームをつけ、他の魚とは別の水槽で様子を見ることにした。

同メディアによるYouTube動画には、水槽の中で泳ごうとするI-halfの姿が収められている。前には進めないものの、この姿で6か月も生存したとは信じ難い。I-halfの噂はあっという間に広まり、Choteさんは地元メディアの注目を集めたほか、自身の店の集客にもつながったようである。

https://www.youtube.com/watch?v=A09JBQqPLSg




ニュース元
http://japan.techinsight.jp/2016/01/post-220013.html
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48