思考

仮面ライダーゴースト
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 19:18:37.71 ID:uxoKqGho0.net
なんでおまえらが見てるんや?
恥ずかしくないんか?
続きを読む

武士
1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/29(金)16:55:24 ID:8kS
中国メディアの騰訊新聞は26日、「なぜ、日本には武士が存在し、中国には存在しなかったのか」と題する記事を掲載した。中国では「武士」や「武士道」が「軍国主義の原因」と否定的に紹介され場合が多いが、同記事は日本と中国の国情と歴史的発展の違いを客観的に説明した。記事はまず、過去の「農耕時代」には生産性が低かったたために土地争いが深刻であり、兵力の多い者が大きな権力を握ることになったと紹介。土地を確保するために「武士階級」が出現したのは、日本だけでなく古い時代の中国も同じと論じた。

違いとしては、中国では武士階級が早い時期に消失したのに比べ日本では「源平の戦い」以降700年も武士による「軍政」が継続したと指摘。1885年に内閣制度が発足してから1945年の終戦までに29人が首相となったが、うち25人までが武士階級の出身だったことにも触れた。記事は、中国で武士階級が消滅した原因として、中国が大陸国家であり、「内陸部から来る勢力との衝突」がしばしば発生し、「大統一により力量を集中させる」方向に歴史が動いたのに対して、日本は小さな島国で、さらに耕作可能な土地が沿岸の小さな平野や山に囲まれた盆地しかなかったので、大きく広がるよりも、地方ごとに別れる「割拠主義」が強くなったと論じた。

中国にも漢代末期、唐朝末期や宋代には地方で軍事勢力が割拠する場面もあったが地方が割拠するままで歴史が推移していくのではなく、中央政権が地方割拠の問題を解決できなければ「地方出身の勢力」によって王朝が交代することになったと指摘した。日本では、大化の改新で租庸調や班田収授の中央集権制度を設けたが、地方からは不満が出たと紹介。結局は、荘園が中央政府に従わなくなり、天皇の政治的影響力は衰微したと論じた。そして、地方の武士勢力が日本史の主役になったと説明した。

記事は、「中央政権が全国を一律に統治する」時代を「帝国時代」と表現。日本が「帝国時代」を迎えたのは明治時代であり、極めて遅かったと指摘。一方、中国は極めて早く「帝国時代」を迎えたが社会は安定せず、再び分裂時代に戻ることもあったと説明し「帝国時代」の経験について日中は「両極端」だったと主張した。


ニュース元
http://m.news.searchina.net/id/1601128
続きを読む

冬の東京
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 16:23:43.41 ID:9OtSLyjzd.n
なんで雪降るって予報で言ってるのに準備しないの?
馬鹿かな?
続きを読む

東大
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 17:14:28.11 ID:Qrx2NCol0.net
くっそ勉強がんばってええ大学いったのに
最終的によくわからん大学いった奴と給料が同じ社会とか
嫌すぎるんやが
続きを読む

pc-6601 (1)


pc-6601 (2)


pc-6601 (3)
1: リバースパワースラム(宮城県)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 16:19:10.05 ID:tFhGYnyy0●.net
レトロアイテム専門店「BEEP 秋葉原店」で見かけた
レトロなPCをご紹介。

今回紹介するのは「Mr.PC(ミスターピーシー)」の愛称で親しまれた
NEC PC-6601SR。

3.5インチFDDやキーボードが付属したモデルで、店頭価格は
税込64,800円(1週間保証)。

なお、テレビ機能を利用できる専用モニター「PC-TV151」は別売りです。
店頭では動作デモを行っているので、興味がある人は足を運んでみてください。

 
ニュース元
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/20160109_738321.html
続きを読む

妹のいる男はしっかりしてる奴多い
1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:32:53 ID:wYS
と思う

おまいら(の周りの奴)はどうだ?
続きを読む

昭和天皇
1: 野良ハムスター ★ 2016/01/08(金) 01:23:20.32 ID:CAP_USER*.net
食べることは生きること。いわば食は命の素である。多くの人にとって食事は大きな関心事だろう。では、天皇の食事はどうなっているのだろうか。調べてみたら、知らないことだらけで驚いた。

「昭和天皇の朝食は1年中洋食でした」

と言うのは、『天皇陛下の私生活 1945年の昭和天皇』の著者、米窪明美さんだ。「具体的には、オートミール、パン、野菜料理、サラダ、果物、煮冷水(湯冷まし)、お茶、牛乳を毎朝食べていたんです。オートミールは大麦を使った西洋風のおかゆのようなもので、戦後はコンフレークのこともありました。牛乳や甘みを足して天皇好みの味に仕上げるのは皇后の役目です」

風変わりな習慣もあった

「ピーナッツか銀杏の炒ったものを3粒だけ食べる、というのが昭和天皇の毎朝の習慣でした。ピーナッツは皮をむき、バターで炒めて軽く塩をふります。銀杏は殻からだして皮付きのまま焼き、その後皮をむいて軽く塩をふるのです」(米窪さん)

朝食は8時、昼食は12時、夕食は18時で1年中変わることがない。昼食が洋食であれば夕食は和食、昼食が和食なら夕食は洋食と決まっていた。

ウナギ以外の好物は

食べ物の好き嫌いを言わなかった天皇が、ふと好みを口にしたことがある。昭和62年(1987年)10月3日、前月に十二指腸部の腺癌の手術を受けた天皇は、昼食として出された平目のムニエルに全く食欲を示さなかった。そこで医師団が食べたいものを尋ねたところ、イワシやサンマだというではないか。

「本来、イワシやサンマ、サバのような大衆魚は皇室の食卓にのぼらなかったのですが戦時中に物資が手に入らず、天皇がヤミで物を買うのを禁じたために、献立の常連となったのです。天皇はそれらをとても気に入っていました」

米窪さんが解説してくれる。「昭和天皇のウナギ好きはよく知られていますが、宮内庁大膳課に勤めた渡辺誠さんによれば、昭和59年にウナギの蒲焼を食べた回数は22回、それに対してサバの味噌煮も12回ありました。麦入りごはんで山かけを食べるのも好きだったようです。ただ、基本的にお刺身は少ないんです。特に地方への行幸啓に出かける前は、行事に支障をきたしてはいけないので、なまものは外されました」

困ったときの「ふりかけご飯」

繰り返すが、天皇は基本的に好みを言わない。だから料理人は天皇の食べっぷりから好みを推し量るほかない。「渡辺さんによれば、リンゴはシャキシャキよりもふかふかが好きで、サツマイモは黄色いホクホクより白っぽいベチャ芋がお好きだったそうです。また、稚鮎を塩焼きにして骨をとらずに頭から食べたり、鮎の内臓を塩漬けしたウルカをご飯に混ぜてよく食べていたとか。そこだけみるとお酒もいけそうに思えますが、お酒はまったく飲めませんでした」(米窪さん)

一方、苦手なのは酸っぱい味付け。洋食にレモンをつけても使わなかった。 しょっぱいもの、辛いものも苦手だった。食が進まないときは、ふりかけをかけて食べたという。チャーハン、餃子、春巻、酢豚、シューマイといったお馴染みの中華料理も食卓に並んだ。さらに米は市中の米屋さんから普通の米を買い、押し麦を混ぜ、水道水を使って炊いたというから、なんだか親しみがわくではないか。


ニュース元
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/01070600/?all=1
続きを読む

原子力発電所
1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)09:46:08 ID:56h
脱原発じゃあかんのか?
続きを読む

ドラゴンブレス
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/20(日) 11:59:33.074 ID:Xzdo2XKo0.net
体内に可燃物質があるのか
火の魔法の亜種みたいなもんなのか
原理なんかねえ!ドラゴンだからだ!なのか
続きを読む

西洋建築
1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/06(日)17:03:42 ID:px5
まず宗教的なシンボルに過ぎない十字架からしてかなりかっこいいし
なにか美的感覚が日本人より研ぎ澄まさせてるんやろか
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48