歴史

ラムセス2世 (1)


ラムセス2世 (2)


ラムセス2世 (3)


ラムセス2世 (4)


ラムセス2世 (5)
1: 黒髪隠者 2017/03/16(日) 07:10:14.25
エジプトの首都カイロでラムセス二世の巨像の一部が発見されました。発見されたのは砕けた頭部の一部と上半身部分で、これらを元に高さを推測すると9メートルになるそうです。クレーン車など重機がない時代にこれほどの像が作れるなんて凄いと思います。見つかった像にラムセス2世の名はありませんが専門家によるとラムセス2世にささげられた神殿の門の近くで発見されたので像はラムセス2世ではないかとの事です。

像が本当にラムセス2世なのか不明ですが、これほどの大きさの像がただの兵士の像なんて事はないと思うので像はラムセス2世の像だと思われます。


2ちゃんねるの反応

ラムセス2世の巨像発見は重大なニュースなのですが像に名が刻まれてない事から偽物だと考える人がいるようです。写真を見ると3000年前の像にしては綺麗すぎるのでそう考える人がいても不思議ではないです。そのため、話し合いは昔のエジプトの話題や、その当時の日本の様子などを話す人が多かったです。像の真偽は別として、これほどの遺物がエジプトの砂漠に埋まっていると考えるとロマンを感じます。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
CNN
古代ファラオの座像発見 エジプト南部ルクソール
http://www.cnn.co.jp/m/fringe/35097946.html
続きを読む

ノストラダムス
1: 黒髪隠者 2017/02/010(金) 07:45:26.61 0
昭和の時代、ノストラダムス関係の本が数多く出版されテレビも著名人を呼んで2時間枠で特別番組を放映していました。1999年に人類が滅亡するフレーズが日本人の琴線を刺激したらしく「1999年7月で人類は終わるから好きに生きたい」と考える人が多かったそうです。幸いにも1999年7月に人類が滅びる予言はハズレ、人類は地球の支配者として今日も元気に生きています。

1999年を特別な年にしたノストラダムスについて話し合うスレッドが2ちゃんねるにあったので取り上げてみました。


2ちゃんねるの反応

2ちゃんねるの利用者は年配の方が多いので1990年当時の事を多くの人が語ってくれました。彼らによるとノストラダムスが書いた本は予言書ではなく、ただの詩集で、そこに無理やり未来の出来事を当てはめたそうです。しかも、詩には一言も人類が滅亡するとは書いてないとの事です。

おそらく1999年7月まで利益を得ようと出版業界とテレビ局が考えた、やらせだと思います。考えてみれば地球人類が何の前触れもなしに1999年の7月に一斉に死に絶えるなんてありえないですよね。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
モ娘・掲示板
ノストラダムスの予言って何だったんだろうな.....
続きを読む

古代ローマ
1: 黒髪隠者 2017/02/06(月) 06:36:01.14
ローマについて語るスレッドが2ちゃんねるにあったので取り上げてみました。歴史関係のスレッドが立つと何処からともなく知識人が集まり詳しく解説してくれるので読んでいて面白かったです。


2ちゃんねるの反応

日曜日にスレッドが立った為に参加者が少なかったのですがローマコンクリートやコロッセオについて詳しく解説してくれる知識人が何人かいたので退屈なスレッドにはなりませんでした。

このスレッドで「へぇ~」と思ったのはローマコンクリートの話です。現代のコンクリートは200年ほどしか耐久年数がないのですがコロッセオに使われているローマコンクリートは2000年が経過した今でも衰えがない頑丈なモノです。その事を知った参加者から驚きの書き込みが幾つかでました。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
Sputnik
1800年前に沈没のローマ帝国時代の船が地中海で発見
https://jp.sputniknews.com/culture/201701283281851/
続きを読む

天草四朗
1: ニールキック(大阪府) 2016/11/07(月) 11:51:26.34 ID:GhIo60OK0
天草四郎といえば、江戸時代初期のキリシタンで、幕府に抵抗した島原の乱のリーダーとされる人物だ。 しかし「天草四郎、もともといない説」に触れ、次のように説明した。

天草四郎がいない理由

・一揆をおさめた幕府が天草四郎の首を持ってこさせたとき、背格好の似た少年の首が複数集まったと、幕府の記録に残っている。

・2015年、熊本大学名誉教授の吉村豊雄氏が「“天草四郎”は、複数の少年からなるグループ名」という説を出した。


http://news.livedoor.com/article/detail/12248020/
続きを読む

キリストの墓 (1)


キリストの墓 (2)


キリストの墓 (3)


キリストの墓 (4)
1: ダース・シコリアン卿 ★ 2016/10/30(日) 20:37:40.94 ID:CAP_USER9
エルサレム(Jerusalem)旧市街の聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)にある「キリストの墓」が、修復作業の専門家によって少なくとも2世紀ぶりに開かれた。

AFPのカメラマン、ガリ・ティボン(Gali Tibbon)は修復作業の一部に立ち合い、紀元後33年頃にキリストの遺体が安置されたとされる岩窟の上に建てられたこの教会で撮影を行った。

現場の専門家らがAFPに語ったところによると、修復作業と考古学調査の一環で、キリスト教の聖地であるこの場所の大理石の厚板を3日間にわたって取り外した状態にした。教会関係者によると、厚板を動かしたのは、火災を受けて1810年以前に行われた前回の修復作業以来という。

キリストは岩窟に葬られた後に復活したとされる。この岩窟の上には19世紀に聖堂が建てられ、毎日大勢の観光客や巡礼者が訪れている。

修復プロジェクトは来年3月の復活祭頃に完了する予定。見学や礼拝は可能だが、装飾が施された聖堂の周囲には足場が組まれている。
 

http://www.afpbb.com/articles/-/3106194
続きを読む

徳川家や胃む
1: 運子棟梁 ★ 2016/10/11(火) 22:21:00.78 ID:CAP_USER9
ああ、憎らしい。NHK大河ドラマ「真田丸」で内野聖陽さん演じる徳川家康だ。天下分け目の関ケ原の戦い(1600年)で敵側にまわった主人公、真田信繁(幸村)らを罵倒して高笑いする場面(9月18日放送)では、悪役が実にハマっていた。そもそも家康公、戦乱を終わらせ、太平の江戸時代を開いた英雄なのに、なぜこんなに嫌われ役にされるのか?


http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476192060/
続きを読む

3700前の女性
1: ニカワ 2016/08/13(土) 03:36:19.77 ID:CAP_USER9
3,700年前の人骨から分かった情報を元に、当時の人間の顔を写真のようにリアルに復元したというニュースが、科学総合誌『スミソニアン』のサイトで公開された。BBCによると、その骨は1987年にスコットランド北東部のハイランド地方の墓地で発掘されたもののようだ。

また、出土した頭蓋骨は、かつてヨーロッパで生活していたビーカー族の18歳から22歳の若い白人女性のものだと断定されていたとのこと。復元された女性は、生涯を終えたであろう「Achavanich」という地名にちなんで、「Ava(エヴァ)」と名付けられた。

顔の復元は、法医学のスペシャリスト、ヒュー・モリソン氏の指揮の下行われることに。筋肉や肌や唇の様子は、発掘されて化石から正確に復元することができたが、まだ見つかっていない顎の部分は想像するしかなかったようだ。

エヴァの研究をしている考古学者のマヤ・フール博士は、エヴァがどんな人生を送ったのかについてもリサーチを続けるつもりだという。


http://news.aol.jp/2016/08/11/3700_face/
続きを読む

出雲大社 (1)


出雲大社 (3)
1: 名無し募集中。。。 2016/06/03(金) 19:47:54.65 0
島根県出雲市にある出雲大社の高さは24メートル。しかし実際はその倍の48メートルの高さではないかと言われてました。今までそれは伝説とされてましたが金輪御造営図を裏付ける3本の柱を束ねた大柱が発見され出雲大社が高層建築物だった可能性が高くなりました。
続きを読む

豊臣秀吉
1: 風吹けば名無し 2016/06/03(金) 17:30:49.16 ID:hcTJ3NYA0
豊臣秀頼

こいつが生まれなければよかった
続きを読む

隕鉄の剣
1: リサとギャスパール ★ 2016/06/03(金) 00:37:19.91 ID:CAP_USER9
1922年にピラミッドの墓が発掘され、世界的に知られることになった古代エジプトの王ツタンカーメン。 その発掘品の中にあった王愛用のナイフが、地球外からの物質で出来ていることが最近の科学調査でわかった。

3,300年間錆びないナイフ
そのナイフは、発掘されたツタンカーメン王のミイラと共に埋葬されていた2つのもののうちの1つ。 1つめのナイフの刃は純金製だが、問題の2つめのナイフの刃は主に鉄でできており、柄に金と水晶が使われている。 また、この鉄のナイフは王が常用していたものらしく、エジプトの半獣神の装飾を施した皮の鞘がついていた。

これまで科学者にとって、この鉄のナイフは大きな謎だった。ツタンカーメン王の時代、エジプトで鉄器が作られることはほとんどなかったからだ。 また、作られてから3,300年以上経った今でも、このナイフには錆がまったく出ていないらしい。

●元素構成が隕石に一致
問題のナイフを、イタリア・ピサ大学の研究者が蛍光X線元素分析機にかけてみたところ、元素構成が隕石と一致することが分かった。 鉄、ニッケル、コバルトの割合が、当時エジプトに落下した隕石とまったく同じだという。

研究者たちはエジプト周辺の半径2,000kmの地域に落下した過去の隕石を調べてみた。 (これまでに見つかった隕石はどうやら保存されているらしい)その中に鉄を主体とする隕石は20あり、エジプトの港町メルサマトルーで16年前に見つかった1つと、ナイフの元素構成がピタリと一致した。

西洋文明が栄える遥か以前に、古代エジプト人は地球外の物質が空から降ってくることを知っていて、しかもそれを利用していたと考えるしかない。


http://irorio.jp/sophokles/20160602/324869/
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48