アフリカ

サッカー
1: 黒髪隠者 2016/01/04(水) 02:06:04.86
サッカーで魔法禁止が出たと聞いて首を傾げました。魔法なんてゲームや書物の中でしか出てこない架空のモノですからね。何でこんな禁止令が出たかと言うとルワンダリーグでFWをやっているムサ・カマラ選手が奇怪な行動をしたからです。彼は試合中、ゴールシュートを放ちます。そのゴールはおしくもクロスバーに弾かれ点が入りませんでした。

ゴールが決まらなかったムサ・カマラ選手はゴールポストの近くに何か不思議なモノを突き刺し、同点のゴールを決めます。ゴールポストに何か突き刺した直後に同点を決めたムサ・カマラ選手に激怒した相手チームのゴールキーパーは「魔法を使った!」と抗議します。

驚いた事に魔法を使ったと言ったゴールキーパーの言い分が通りムサ・カマラ選手に10万ルワンダ・フラン(1万4300円)の罰金を支払うように命じました。

ムサ・カマラ選手が本当に魔法を使ったのか分かりません。ただ魔法を使ったとゴールキーパーが言いそれが通った事に私は魔女裁判もこんな感じで行われたんだと思いました。


2ちゃんねるの反応

風変わりなニュースに、2ちゃんねるの反応も戸惑いがあります。魔法と言うモノが現実に存在しませんから具体的な話し合いが出来ないのでスレッド内は雑談や面白ネタに走る感じになっています。

盛り上がりに乏しいスレッドですがサッカーの試合中に足を引っかけられたと痛がりながらアピールしていた選手が敵選手に審判が違反カードを出した途端、走り出す書き込みに思わず口元が緩みました。こちらの方が魔法らしいですねw

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
日刊スポーツ
まるでハリーポッター!? サッカーで魔法禁止に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-01758348-nksports-socc
続きを読む

サハラ砂漠
1: 黒髪隠者 2016/12/28(水) 03:01:46.07
37年ぶりにサハラ砂漠で雪が降りました。雪が降ったのはサハラ砂漠の北部のアルジェリアのイン・セフラと言う場所です。サハラ砂漠と聞くと暑く雪なんて降る事はないと思ってました。今回の降雪は観測が始まってから2度目だそうです。


2ちゃんねるガイド

サハラ砂漠で雪が降った事をネタに2ちゃんねるでスレッドが立ちました。ただ盛り上がりはいまいちですね。積雪が30センチで砂漠が白銀の世界になったら話し合いは盛り上がったと思いますが実際は薄っすらと雪が積もった程度ですからね。そのためレス数は166と少なめです。

ですがレスの中にはサハラ砂漠に行き体験した事を書き込んだ人がいるので読む分には手ごろなレス数だと思います。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
Sputnik
アフリカのサハラ砂漠に雪が降った。サハラでの降雪は37年ぶり。インディペンデント紙が報じた
https://jp.sputniknews.com/africa/201612213165219/
続きを読む

ツタンカーメン
1: ファイヤーバードスプラッシュ(長野県) 2016/06/12(日) 16:41:00.69 ID:U2EumQpl0
「黄金のマスク」で有名な古代エジプトのツタンカーメン王の遺物。エジプト政府は約2800点ある未公開品のお披露目に向け、本格的な修復に乗り出す。傷みの激しい遺物の「延命」には日本の専門家も一役買う。初めて封が解かれる秘宝も多く、約3千年前の王の暮らしを解明する糸口としても期待される。

「王の『ふんどし』です」。カイロ近郊ギザの保存修復センターで、修復士のナグメルディーン・ハムザさんが焦げ茶色の麻布を指さした。三角形で一辺約90センチ。腰に巻きつけて使う。その大きさから「19歳ごろ亡くなった王は、おなかが出ていたようです」という。南部ルクソールの王墓で約150枚見つかったが、大半は傷みがひどい。

ほかにも王のサンダルや手袋、頭巾など身の回り品を中心に約4500点が同センターなどに保管されているが、公開されたのは約1700点という。残りが公開されないのは、光や空気に触れて傷みが進んだり、過去の修復や管理がずさんだったりしたためだ。

「接着剤の選択を誤って遺物が溶けた」「虫がわいた」。悩みを抱えたエジプト考古省は昨秋、文化財の扱いにたけた日本に協力を打診。 日本の専門家に一部を直してもらい、それを手本にエジプト人修復士が作業を引き継ぐ計画を立てた。今後、国際協力機構(JICA)が専門家を募り、来年初頭にも現地に送る。


http://www.asahi.com/articles/ASJ667TXRJ66UHBI02Y.html
続きを読む

キリマンジャロへピザ配達 (1)


キリマンジャロへピザ配達 (2)


キリマンジャロへピザ配達 (3)


キリマンジャロへピザ配達 (4)


キリマンジャロへピザ配達 (5)
1: あずささん ★ 投稿日:2016/05/12(木) 17:34:05.31 ID:CAP
米宅配ピザ大手のピザハットがこのほど、タンザニアにあるアフリカ最高峰キリマンジャロ(標高5895メートル)の頂上にピザを届け、ギネス・ワールド・レコーズ公認の史上最も高いところへのピザ配達の記録となった。

配達は5月5日に始まり、頂上に届いたのは8日だった。

ピザハット幹部によれば、配達されたのはペパロニ・ピザ(チーズ増量)で、途中まで飛行機と オートバイを利用したほか、プロの登山ガイドが特別製のリュックに入れてリレーしたという。

ピザハット・アフリカのゼネラル・マネジャー、ランダル・ブラックフォー氏らによれば、この配達は世界で100カ国目となるタンザニアへの進出を祝って行われた。

中心都市ダルエスサラームの新店舗で作られたピザはキリマンジャロ国際空港まで空路で運ばれ、そこからキリマンジャロ国立公園の登山口までバイクで運ばれた。その先は、保温機能とピザを 水平に保つ機能のついた特製のリュックに入れられ、5人の登山ガイドが標高約4800メートルにあるベースキャンプまで運搬した。

ベースキャンプではブラックフォード氏らピザハット社員3人が合流。3人はベースキャンプまで5日かけてたどり着いたという。ガイドたちと社員は深夜から頂上へのアタックを開始。その様子はギネス記録申請のためにビデオ録画された。

ブラックフォード氏は、「みんなでピザを担いで頂上まで急いだ。夜を徹して登山した後のピザは例えようもないほどおいしかった」と語った。

当初はふもとからずっと人力で運ぶ予定ではなかったらしい。ブラックフォード氏によれば、「最初はヘリコプターでベースキャンプに運び、そこから先だけ運べばいいと思っていた」。だがベースキャンプ付近は空気が薄く、着陸する場所もないためヘリの利用はできなかった。次にドローンを使うという手を思いついたものの、標高が高いことや頂上付近では風が非常に強いことなどから断念。そこで自分たちで運び上げるしかないことに思い至ったという。


http://www.cnn.co.jp/business/35082505.html
続きを読む

アンゴラ


404カラットの巨大ダイヤモンド、 (1)


ダイヤ
1: 記憶たどり。 ★ 2016/02/16(火) 16:42:16.71 ID:CAP_USER*.net
 鉱山開発会社のルカパは15日、史上最大級となる404.2カラットの巨大ダイヤモンドがアフリカ南西部アンゴラの鉱山で発掘されたと発表した。 巨大ダイヤはアンゴラダイヤモンド公社などとの共同プロジェクトで発見された。直径は7センチとクレジットカードほど。米小売り業者が色や透明度の鑑定を行った結果、不純物がほぼゼロのダイヤと判定したという。

色は完全に無色の「D」判定。米宝石学会によれば、これは ホワイトダイヤモンドの中では最も希少で高い価値がある。同プロジェクトでは2015年からアンゴラ中部の鉱山開発に着手し、これまでに「大粒の特別なダイヤモンド」を60個以上産出しているという。

ルカパはオーストラリアの証券取引所に上場しているが、今回の発表を控えて数日前から取引を中止していた。15日に取引が再開されると株価は30%急騰した。 同社のマイルズ・ケネディ会長はオーストラリアのABC放送の取材に対し、 このダイヤには2000万ドル(約23億円)程度の価値があると語った。

アンゴラは世界4位のダイヤモンド産出国。今回のダイヤは、2007年に発掘された217.4カラットのダイヤ「アンゴラの星」を上回って同国では史上最大、これまでに世界で発見された中では27番目の大きさになる。 史上最大のダイヤは南アフリカで1905年に発見された3106カラットの「カリナン」で、原石はカットされて英国の王冠にあしらわれ、ロンドン塔に 展示されている。


ニュース元
http://www.cnn.co.jp/fringe/35077945.html?tag=top;mainStory
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48