一般知識

知識の図書館
1: ニカワ 2016/07/29(金) 01:19:21.30 ID:CAP_USER9
 父親が入院先で亡くなったのは昨日のことだ。臨終の枕元で泣き崩れる母親の背中をさすりつつ、鈴木ケンスケさんは「自分がしっかりしなければ」と必死に自らに言い聞かせた。さしあたって葬儀代はどうしよう。母親の生活費など、当座かかる費用もある。

「母さん、とりあえず、親父の通帳と印鑑を持って銀行に行ってきて。現金を引き出しておかなきゃ」

ところが、しばらくすると母親から携帯に連絡が入った。何やら慌てふためいている様子だ。

「ちょっと大変!お父さんのお金が引き出せないのよ。銀行の人がいうには、口座はしばらく凍結されるんですんって。ほかの口座もみんな使えないわ。いったいどうしたらいいの」

親父の口座が凍結!? 家族の大切な財布なのに!?――ケンスケさんは頭が真っ白になってしまった。


名義人の死を伝えてはいけない?

新聞死亡欄や人づてなどで名義人の死亡を知ると、銀行はただちに口座の凍結をおこなう。ケンスケさんのお母さんのように、家族が銀行窓口に行き、「名義人が亡くなったので、代りに私が預金を引き出したいのですが」などと言ってしまった場合も同じだ。

凍結が行われ、預金が動かせなくなると、あれこれやっかいな問題が生じることになる。生活費を引き出せないだけでなく、公共料金、家賃や駐車場代、ローンなどすべての引き落としがストップしてしまうのだ。そのまま滞納が続けば、電気やガスなどのインフラすら使えなくなる、という悲惨な事態に陥りかねない。

多額の出費を迫られることもある。斉藤ノリコさん(仮名・48歳)が慌てたのは、名義人が亡くなれば口座が凍結されることを、前もって知っていたからだった。

父親は1年前にガンを発症し入院していたが、ここのところ容態が急速に悪化している。医師から危篤を告げられたとき、混乱する頭の隅で考えたのは「医療費はどうしよう」ということだった。

なにしろ通帳や印鑑のありかもわからない。たとえ発見したとしても、口座が凍結されてしまえばお金を引き出せなくなってしまう。入院の連帯保証欄にはノリコさんの名を記入していたため、本人が支払えなければ、ノリコさん宛の請求書が届くことになる。

病院の会計係に問い合わせると、個室に入院していたこともあって、先月分だけで87万円かかっていた。今月分と合わせるといくらになるのか――。へそくりだけでは、とうてい支払い切れそうにない。


凍結解除に7年かかったケースも


家族が困ることをわかっていながら、銀行はなぜ口座を凍結してしまうのだろうか?

「預貯金は相続資産の一部。たとえ必要に迫られた場合であっても、本人以外の人が引き出すとトラブルのもとになります。ですから名義人が亡くなったことがわかると、銀行は即座に口座を凍結し、相続手続きが完了するまでは、一切引き出すことができないようにするのです」

こう説明するのは、相続問題に詳しいファイナンシャルスタンダード代表取締役社長の福田猛氏だ。

問題は相続手続きが意外と手間取ることだ。

「遺産分割協議書を作成するには、相続人全員の実印が必要。中にはどうしても連絡が取れない人もいるかもしれません。仕事が多忙だったりして手続きが進まない場合もあるでしょう。また、遺言書を書いていないケースでは、どう分けるかで揉め、なかなか手続き完了に至らないこともあります」

その間、亡くなった親のお金は使えず、周囲が立て替えたお金を清算することもできないわけだ。なんと解決までに7年かかったケースもあるという。


http://diamond.jp/articles/-/96840
続きを読む

エアコンの適温
1: フロントネックロック(東日本) 2016/07/27(水) 15:35:22.50 ID:6ujRSzxH0
もはや亜熱帯となった日本だが、「節電」が叫ばれて久しい。オフィスの「28度設定」はすっかり定着してしまった。そもそもどうして「28度」なのか。夏になると、日本中のオフィスでいっせいにこんなメールが飛び交う。「夏季期間中は室内温度を28度になるように設定します。社内ではノーネクタイ、ノー上着を奨励。お客様と接する場合の服装は適切な状況判断を」

「クールビズのお知らせ」はもはや日本の夏の風物詩。「軽装で失礼します」といった来客向けのポスターもよく目にする。2005年に発効した京都議定書で義務づけられた温室効果ガス削減のため、環境省が「クールビズ」の号令をかけた。

 大平正芳内閣が1979年に提唱した夏の軽装キャンペーン「省エネルック」は定着しなかったものの、温暖化やヒートアイランド現象で年々夏の暑さが耐え難いものになる中、クールビズはすっかり定番に。さらに、東日本大震災が起きたことも、大きな一因となった。原子力発電所が停止し、「電気が足りなくなる」という懸念が温暖化よりも目前に迫った。全国的に「節電」が叫ばれた結果、「夏のエアコンは28度」はいつの間にかすっかり共通認識として定着した。

でも、あまりに暑い日、外出先からオフィスに戻ってきてなかなか汗がひかなかったりすると、恨めしく思うこと、ありませんか? 


根拠は約50年前の研究

リモコンを手にすれば、「28」の数字が頭にちらつき、それより設定温度を下げるのはなんとなく罪悪感を覚える。そんな「エコストレス」もイライラをさらに募らせる。

そもそも、「28度」という数字はどこから出てきたのか。

政府広報オンラインによれば、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(通称・ビル管理法)及び「労働安全衛生法の事務所衛生基準規則」で定められた室温の範囲が17度から28度とある。

ではなぜそう定められたのか。建築環境学を専門とする早稲田大学理工学術院の田辺新一教授に聞いた。田辺教授によれば、この法律のもとになった研究があるという。66年の厚生科学研究「ビルディングの環境衛生基準に関する研究」(小林陽太郎)だ。

この研究の中で根拠とされ引用された研究はさらに古く、戦前から60年前後にかけてのもの。ここに、許容限度の上限として28度という数字が登場する。ヒートアイランドなどという言葉も一般的ではなく、オフィスにはまだパソコンもない時代だ。


http://dot.asahi.com/aera/2016072600185.html?page=1
続きを読む

Honda_VFR_800P_Police_Tx-re
1: ニライカナイφ ★ 2016/06/19(日) 15:42:24.32 ID:CAP_USER9
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術

「坂落とし」というのは警察の隠語。 一般には知られていませんが、下り坂でのスピード違反の計測は正確性に欠けることを意味します。 このため、ドライバー側がこの用語を持ち出すことで諦めてしまうこともあったようです。白バイ隊員がそっと教える交通違反の交渉術を紹介します。


スピード違反で「逆落とし」が効く


白バイ隊員によれば、スピード違反で取り締まった時にドライバー側が「坂落とし」を出すと諦めてしまうこともあったそうです。逆に1980年代には、ネズミ捕りの時に坂落としでジャンジャン捕まえていたエピソードも聞くといいます。

しかし「今は皆無かと思います。私は例えば、東京・芝浦からお台場方面のレインボーブリッジで、長いカーブを登りきった後のスピードを出しやすい直線距離で、下り坂に差し掛かる前に計測して捕まえています」。

下り坂でのスピード計測は正確性に欠けるもの。 そんな時は「坂落とし」の用語が警察に効くかもしれません。スピード違反の取り締まりがあまりに理不尽だと思ったら、この用語を使ってみるのもよいでしょう。


歩行者等妨害を不起訴にするワザ


スピード違反以外にも、歩行者等妨害を不起訴にするワザがあります。歩行者等妨害は、交差点で歩行者信号が赤になる前に右左折したクルマを取り締まることです。 歩行を妨害されたという当事者が現れないと、警察はそれを立証することができません。これを利用して、青キップを切られないように、そして不起訴へ持っていくのです。

すなわち「妨害されたという被害者が訴えを起こさないのはおかしい」と頑なに突っぱねるというわけ。ただし、警察官が2名以上いる場合は証人となってしまうので100%回避できるわけではありません。

突っぱねるときも「歩行を妨害した覚えはない」「歩行者が携帯電話に触れてて勝手に足を止めただけではないか?」など、意思を固くして挑む必要があります。ただし、違反したと認識した時は素直に取り締まりに従いましょう。


http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160618-37967059-radiolife
続きを読む

東大寺


厳島神社
1: キャプチュード(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 20:11:24.58 ID:715h4pRD0.net
宗教・宗派の枠を超え、浜松市の街中から浜名湖畔、佐久間の山奥まで市内全域28カ所の神社や寺院を開放する「神社・寺カフェ」が3月23日に始まる。企画したのは、住職でも宮司でもない天竜区春野町在住の自営業池谷啓さん(62)。「本来人をつなぐ場である神社や寺の敷居を下げ、地域のよりどころに戻すきっかけをつくりたい」との呼び掛けに、地元の僧侶や神職が共鳴した。

31日までの期間中、座禅体験や神道講座、境内散策を行う。沿岸部の寺院と住民の連携策を探る「防災寺子屋」や住職による自殺防止ネットワーク活動など本業にとらわれない取り組みも紹介する。先祖供養や終活など身近な話題、ヨガや仏画体験など宗教に縁遠い人にも親しみやすい内容を盛り込んだ。

元消防職員や税理士の資格を持つお坊さん、東京から山寺に移住した尼さんなどユニークな経歴の僧侶も参加する。同区二俣町の玖延寺の阿蔵葺心住職(57)は「一般人が企画するこれまでにない試み。普段の付き合いではできない、ざっくばらんな話ができれば」と心待ちにする。

池谷さんは仏教書の編集や農業を営む傍ら、山里への定住促進事業や北遠と街中を結ぶイベントなどを企画するNPO法人「楽舎」の代表を務める。「歴史を刻んだ風格が感じられる寺や神社と、市民をつなぐ第一歩にしていきたい」と意気込む。今後定期的に開催し、三遠南信地方に拡大していく方針。


ニュース元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-00000033-at_s-l22
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48