南米

キリスト像 (1)


キリスト像 (2)
1: 名無しさん@1周年 2016/08/14(日) 02:47:27.82 ID:CNc/33bv0
イエス・キリストは自らがメシアであることを証明するために数々の奇跡を起こし、多くの信奉者を獲得していったといわれている。現代においても、聖母の出現や、身体に現れる聖痕などキリストの奇跡と思わしき現象はしばしば確認されているが、今回またしても奇跡としか思えない超常現象が起こったという。なんと、目をつむったキリスト像の両目がパチリと開く瞬間が撮影されたというのだ。


目をパチクリ見開くキリスト像

問題の映像はメキシコ・コアウィラ州のサルティージョ教会で、同教会の信者により撮影されたそうだ。撮影時期は6月とされているが、今月に入りメキシコの超常現象研究サイト「Adimensional」が映像を公開すると一気にネット上で話題に。YouTubeでの再生回数は300万回を超える勢いだ。

https://www.youtube.com/watch?v=_2bZ0tjU9hk



http://tocana.jp/2016/08/post_10630_entry.html
続きを読む

妖精を調べる (1)


妖精を調べる (2)


妖精を調べる (3)
1: 野良ハムスター 2016/07/26(火) 09:01:05.63 ID:CAP_USER9
メキシコのDNA研究所は、「妖精の死骸」とされる2体の生物標本の科学的調査を実施した。このうちの1体である「ミイラ化した妖精」については、DNA検査の結果、ヒトのDNA配列に極めて近いという結果が出た。ヒトと妖精のDNA配列は98.5%までが共通のものだったという。

一方、もう1体の標本「羽の生えた小人の妖精」の調査結果は、さらに奇妙なものであった。DNA検査の結果、羽の生えた妖精のDNA配列は、既知の哺乳動物やその他の生物のどのDNAとも一致しないことが判明したのだ。

妖精や人魚、河童など、空想上の生物の標本は世界中に数多くあるが、その多くは複数の生物の死骸をつなぎあわせてそれらしくみせた作り物であることが分かっている。しかし、X線撮影によって今回の妖精の骨格を調べた研究者リカルド・ランゲル氏は、この標本が作り物ではないことを断言している。

さらなる詳しい調査が期待される。


http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2624
続きを読む

透明な魚 (1)
1: セントーン(四国地方) 2016/06/15(水) 21:21:55.60 ID:IqQuMSbg0
メキシコ沖で体のほとんどが透明な不気味な魚が発見されたようです。 GRINDTVによると、この小魚を捕まえたのはアメリカ、サンディエゴの漁師たちで、マグロ漁の餌となる小魚を捕獲している最中に、偶然捕まえられたものだそうです。

全身がほとんど透明という奇妙な容姿で、誰もこの魚が何の種類の魚かわからなかったため、漁師たちはサンディエゴに戻ったとき、魚の専門家に持ち込む予定だったそうです。 しかし途中でかわいそうになり、海に返してしまったそうで、残っているのは写真だけとなってしまいました。

この魚の画像はネットでも話題になり、いろいろな憶測が飛び交ったそうですが専門家が言うにはニザダイの子供ではないかということです。


http://www.grindtv.com/wildlife/mystery-fish-caught-mexico-trip-identified/#XRQ08pp5BYsyMG1g.97
続きを読む

知識の図書館
1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)10:20:39 ID:Ywh
で、どういうヤバさなのよ?
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48