宇宙飛行士

火星旅行 (1)
1: グロリア(東京都) 2016/06/07(火) 15:53:10.74 ID:feqId1vr0●
人類初の火星コロニー建設プロジェクトを進める非営利企業「マーズ・ワン(Mars One)」は6日、プロジェクトの候補者名簿に残った100人に対し、選考過程の新たな段階の一環として、全5日間にわたる選抜試験を実施すると発表した。

テレビのリアリティー番組から一部出資を受ける予定のこのプロジェクトには当初、世界140か国から約20万人の応募があった。候補者はここから、すでに100人に絞られた。今回実施される第3段階の試験でさらに40人にまで絞られ、最終的にはそのうちの24人が、2026年に開始予定の火星への片道旅行に選抜される見通しだ。

オランダに本拠を置くマーズ・ワンによると、この最新の試験はチーム制で実施される予定で、試験内容の9割は米航空宇宙局(NASA)が採用しているものと同じという。マーズ・ワンは、声明で「この5日間で、候補者らはさまざまな難題に直面する」と述べている。

「候補者全員が直接顔を合わせるのが初めてとなる今回の試験で、彼らのチームとしての能力が実証される」

「この5日間で、候補者らは意思決定や集団形成の場面で積極的な役割を果たすことになる」

「マーズ・ワンは候補者らに、協調が可能とみなされる人員で構成されるチームに自分たちをグループ化するよう求めている」

地球への帰還は予定されていないため、選抜メンバーは、小集団で生活する、水を探す、酸素を作る、自分の食べ物を自分で育てるなどの能力が必須となる。NASAは現在、欧州宇宙機関(ESA)と協力して、3つの火星ミッションに取り組んでおり、2020年に新たな探査車を火星に送り込む計画を立てている。だが、火星への有人ミッションについては、NASAは2030年代以降に実施する意向を表明している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00000004-jij_afp-sctch
続きを読む

エドガー・ミッチェル (1)


エドガー・ミッチェル
1: Sunset Shimmer ★ 2016/02/06(土) 12:01:37.21 ID:CAP_USER*.net
エドガー・ミッチェル氏(元米宇宙飛行士)米航空宇宙局(NASA)や米メディアによると、4日、米南部フロリダ州の医療施設で死去、85歳。死因は不明。 30年、南部テキサス州生まれ。66年にNASA入りし、71年にアポロ14号に宇宙飛行士として乗船して月面に到着し、33時間滞在した。持ち帰った月の岩石などのサンプルは、米国内外の研究に貢献した。 ノンフィクション作家の立花隆さんが著書「宇宙からの帰還」でインタビューした。

エドガー・ミッチェル (2)
 ※晩年のエドガー・ミッチェル氏


ニュース元
 http://www.daily.co.jp/society/science/2016/02/06/0008783072.shtml
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48