思い出

未来予想図
1: 黒髪隠者 2017/02/04(土) 07:51:13.74
子供の頃、未来予想図が載った図鑑を読んで大人になったら体験するんだろうなと、わくわくしてました。そして時が流れ、未来予想図に書かれていた西暦になり携帯電話など一部の道具は未来型になりましたが、ガラスの筒の中に車は走っておらず、スペースコロニーや月面基地はありません。

少し残念だと思いますが未来予想図はあくまでも予想図なので現実はこんなモノだと納得するしかありません。私達が子供の頃に見た未来予想図は実現しませんでしたが今の子供たちが大人になった時、月面基地やスペースコロニーが存在する未来が来ればいいと思います。


2ちゃんねるの反応

年配の人が多いのかスレッドに貼られる未来予想図は古い物が多かったです。さまざまな未来予想図を見ながら進められる話し合いの中で電話が未来のモノより進化しているという書き込みが幾つかありました。未来予想図にある電話は固定電話に様々な機能が加わった感じです。それが板状になって持ち運び可能な移動電話になるとは未来予想図を描いた人も予想できなかったんでしょうね。

この他にもタイツ型の服装にならなかった事に安堵する人や自分が見た未来予想図と現実の違いを語る人でスレッドは賑わっていました。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
nikkei BPnet
夢のような未来の技術1970年から2025年、大阪万博は社会変革の先を見せられるか
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170201-45273027-bpnet-sci
続きを読む

新幹線
1: 黒髪隠者 2017/01/26(木) 06:21:32.02
新幹線の思い出を語るスレッドが2ちゃんねるにあったので取り上げてみました。管理人は新幹線に1回しか乗った事がなく、どんなサービスがあり乗り心地が良いのか悪いのか分かりません。だから、興味津々でスレッドを開きレスを食い入るように読みました。


2ちゃんねるの反応

スレッドに参加した人は年配の人が多く今は存在しない食堂車の思い出を語ってくれる方が何人かいらっしゃいました。飲み物や食べ物をコンビニで買ってから乗車する人が増えた為に利用率が低くなり食堂車は廃止になったそうです。

新幹線に限らず列車の車内販売は高くサンドイッチが3つで600円もしたとクレームを付ける書き込みがありました。廃止になった食堂車も高いメニューが並んでいたんでしょうね。高い商品を買うぐらいなら安い店で商品を買ってから新幹線に乗った方がお得です。

この他にも隣に座った人から食べ物を貰ったりグリーン車に乗ったら怖い人達と遭遇し肩身の狭い思いをした人の書き込みがありました。

新幹線で起きた思い出を語るスレッドは354レスと読む分には手ごろで荒れた書き込みはありません。ただ鉄道に詳しい人が参加しているのか専門用語が幾つも登場し意味を調べるのに時間が必要かもしれません。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
東洋経済
東海道新幹線が「32両連結」で走行したワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/154183
続きを読む

山口百恵
1: 黒髪隠者 2016/12/19(月) 04:16:20.80
2ちゃんねるに山口百恵さんの凄さを語るスレッドがあったので取り上げてみました。

山口百恵さんは1972年、TV番組「スター誕生!」をきっかけにホリプロからデビュー。出した曲は次々とヒットし映画の出演まではたしました。この映画出演で百恵さんは三浦友和さんと出会い交際を開始。1980年12月に百恵さんが21歳の時に結婚します。

結婚前の10月に日本武道館でファイナルコンサートを開き紅白歌合戦の出演依頼もあったのですが「引退した身なので出演はお断りします」と潔い返事をします。事実、引退後、彼女は芸能界に復帰する事はありませんでした。

現役時代、郷ひろみはマネージャーを使って百恵さんの電話番号を聞き出そうとしたのですが、すでに三浦友和さんと交際していたのでお断りしたエピソードもあります。

アメーバーニュースを元に立った「百恵さんスレッド」には多数の書き込みがありました。称賛や懐かしさを語る書き込みの中に真偽不明の批判や悪口もありましたが、未だに彼女が注目されている証だと思います。(文/隠者ニュース管理人)


アメーバーニュース
三浦友和、百恵さんとの結婚記念日に映画賞 36年の夫婦生活に「心から感謝」
http://news.ameba.jp/20161119-897/
続きを読む

ネットスケープ (1)
1: タイガードライバー(東日本) 2016/10/26(水) 09:47:18.39 ID:KOfZ2E9j0
インターネットブラウザの主流を占めていたのが、ネットスケープ・ナビゲーター、通称ネスケだ。ネスケは原則有料のシェアウェアとして広がり日本にもインターネット先駆者たちがこぞって使用していた。そして95年、マイクロソフトがWindows95をリリースするとこれに付属していたブラウザ、インターネット・エクスプローラー(IE)がネスケの対抗馬に浮上した。
 
しかし、当初のIE2.0は使い勝手があまり良くないとの評判もあり、すでに多くのユーザーがいたネスケをわざわざ手に入れてWindows95で使うケースも少なくなかった。このため、しばらくネスケとIEの拮抗時代が続いた。


消えゆくネスケ、されどその魂は滅びず


97年にIE4.0が登場した頃から、その勢いは一気に加速。 Windowsが組み込まれているパソコンを買えばすぐに使える手軽さを武器にシェアを拡大。ネットスケープはAOLに買収され、シェアは急速に低下、2001年の調査ではIEが92%に対しネスケはわずか7.2%だった。

ネスケはその後、IEとは無縁のMacユーザー向けに存在を維持するが、2003年にAppleが独自のブラウザSafariのリリースにより、その地位をも失った。しかし、ネスケのコードネームであるMozillaの名は、Firefoxへ引き継がれ、その理念は今なお脈々と生き続けているのである。


http://www.excite.co.jp/News/90s/20161026/E1470642506269.html
続きを読む

懐かしい黒電話 (1)
1: ダブルニードロップ(茸) 2016/08/06(土) 16:25:16.13 ID:YitLx0Dg0
古き良き時代のプロダクト、昔懐かし「黒電話」を解体してみた

ジリリリリーン!!

勢いよく鳴るベルの音。

つやつやと光る黒電話。

受話器を取り、ダイヤルをカラカラと回して電話をかける。

僕が小さい頃、おばあちゃんの家にあった黒電話。電話をかけるのが楽しくて、何度もダイヤルを回して遊んでいました。


http://www.fashionsnap.com/the-posts/2016-08-05/kuro-telephone/
続きを読む

懐かしい
小学生時代に経験したプールの思い出につい語ってください。
続きを読む

インターネット
1: 名無し募集中。。。 2016/05/15(日) 16:29:29.35 0
ウェブサイト、掲示板といったものが登場し始めた頃の
ことを教えてください

社会にどれだけの影響を与えたんですか?
昔のネットの使い心地はどうだったんですか?
続きを読む

インターネット
1: ランサルセ(宮城県)@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/14(土) 15:14:25.96 ID:vRAnlV3T0
あの頃の”ホームページ”は、アクセスするたびオルゴールの音が流れていたインターネットが最高に楽しかったあの頃。孤高のブロガー・上田啓太の新連載、始まります。

最初に軽く自己紹介しておきたい。

私は32歳の男である。はじめて自分のパソコンを持ち、日常的にインターネットをするようになったのは1999年、15歳のときだった。


ネット歴17年である。

これはつまり、AmazonもYouTubeもTwitterもFacebookもInstagramもない時代から、インターネットをやっていたということである。

何にもないじゃん。

そう思われるかもしれないが、あの時代には「ホームページ」があったのである。Webサイトではなく、あえて 「ホームページ」と呼ばせてほしい。略して「ホムペ」だとか、「ほめぱげ」と呼んだこともある。「ほ、ほめぱげって……」と 思った方は正常である。


1999年、高校一年の私は、ホームページ作りに夢中になっていた。

ジオシティーズというサービスで、スペースを無料で借りることができた。ページの作成はMac付属の「Adobe PageMill」というソフト。ちなみにWindowsユーザーの友人は「ホームページビルダー」を使っていた。こちらのほうが多いかもしれない。

そして、文字の色や大きさ、背景色、タイトルロゴからページ全体のレイアウトまで、ひとつひとつ自分で作っていった。このへんは、アカウントを取ればとりあえず見栄えのいいブログができる現在では、ちょっと想像がつかないかもしれない。1999年当時、ホームページはまさに「素人がせっせと手作りするもの」だったのだ。


無意味なギミックの数々

「マダムの春夏秋冬」

それが、私がはじめて作ったホームページの名前だった。当時、マダムという名前で活動していたからである。

みなさんは「は?」と思われたかもしれない。「センスがゴミじゃない?」と思われたかもしれない。「そのセンス、ゴミの日に出しとこっか?」と思われるかもしれない。それに関しては、今の私も同意する。むしろ記憶ごとゴミの日に出したい。

ホームページには、色々な「ギミック」を付けることができた。その大半は、とくに意味のないものだった。例えば「文字を左右に動かせる」とか。「動くから何なんだ」という話であるが、高校生の自分には魅力的だった。「スゲー!」と思っていた。

さらに、当時の私には、「できることは全部やりたい」という欲望があった。吟味という発想はなかった。だから新しいギミックを知るたびに、頑張って方法を調べ、タグをいじくり、ホームページに採用していった。

「文字を左右に動かせる? いいね、動かそう!」

「背景画像をGIFにすると雪を降らせられる? それいいじゃん!」

「ホームページにオルゴールの音を流せる? そのアイデア絶対いただき!」

結果、私のホームページは、アクセスすると同時に優しいオルゴールが流れだし、背景では大雪が降り、「ようこそ」の文字が左右に動きつづけ、カーソルを移動させるたびにキラキラした星くずが後ろをついてきた。そしてタイトルは「マダムの春夏秋冬」、自己紹介のテキストは、

「マダムです! 15歳の男子高校生です! よろしくお願いしま~す!」

元気だけが取り柄の馬鹿である。

「マダムの春夏秋冬」なのに大雪降らせるなよ、それじゃ「マダムの冬」じゃねーか、なんて今は思うが、まあ、そういう問題でもないだろう。

結果、私のホームページは、アクセスすると同時に優しいオルゴールが流れだし、背景では大雪が降り、「ようこそ」の文字が左右に動きつづけ、カーソルを移動させるたびにキラキラした星くずが後ろをついてきた。そしてタイトルは「マダムの春夏秋冬」、自己紹介のテキストは、

「マダムです! 15歳の男子高校生です! よろしくお願いしま~す!」
元気だけが取り柄の馬鹿である。

「マダムの春夏秋冬」なのに大雪降らせるなよ、それじゃ「マダムの冬」じゃねーか、なんて今は思うが、まあ、そういう問題でもないだろう。


2へ、つづく
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1605/13/news012.html
続きを読む

子供の頃の思い出
1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/08(日)16:05:49 ID:y9O
小学生のとき、陸橋の上から走る車やバイクにツバ吐いたり
ゴミ投げたりしてた。
続きを読む

学校
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/07(土) 01:04:16.91 ID:DgqJYbtw0.n
置き傘禁止
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48