給油間違い
1: ドラゴンスリーパー(長野県)@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 16:42:48.56 ID:sKJAFsEy0.net
JAFは、2015年12月の1ヶ月間で、ドライバー自身が燃料を入れ間違えたとしてJAFへ救援依頼した件数が269件にのぼることを発表した。 実際には、ドライバーが入れ間違いに気付かず、走行不能などのトラブルとなって救援依頼されたケースも考えられるため実際にガソリンを入れ間違えるドライバーの数は、さらに多いことが予想されるとのことだ。

なお、都道府県別の燃料入れ間違えJAF救援依頼上位地域としては1位東京・神奈川、3位大阪の順となっている。

入れ間違いの原因としては、「うっかりしていた」「普段乗らない車だった」「軽自動車は軽油と思った」といったものが多くドライバーの認識不足や勘違いがトラブルに繋がっているとのこと。つまり、首都圏などが上位に入っている理由が、レンタカーやカーシェアリング、社用車などマイカーではないクルマに乗る比率が高いことが考えられる。

しかし、クルマに興味がないドライバーが、スーパーの買い物感覚で、今日は軽油が一番安いからと軽油にしておこうというような誤った理由で軽油を入れてしまうということや、今人気のクリーンディーゼル車が社用車などで使われはじめると、うっかりレギュラーガソリンをいつもの癖でいれてしまうといったトラブルも充分想定できる。

先日ご紹介したタイヤの空気圧不足でバーストしてしまう事象などを含め、ドライバーの認識不足が原因だが、事故や故障が多発するということであれば、ドライバーの認識不足だけで片付けることはできない。例えば軽油のノズルは三角で、レギュラーガソリンは四角にするなど、今後はうっかり間違えても給油できないような物理的な対策も検討したいところだ。


http://jp.autoblog.com/2016/04/04/jaf-gas-station-2016/
続きを読む