調査

調査
1: 黒髪隠者 2017/01/24(火) 06:44:19.96
病院で採血をする時、上手に血を採取する看護師とそうでない看護師がいます。ベテランの看護師が採血すると痛みはほとんどなく身体の負担もありません。しかし、新人看護師が採血をすると物凄い痛みを伴います。

2ちゃんねるの話し合いの元になったニュース記事を読むと「駆血帯をきつく縛る」、「針を刺す部分を叩く」、「アルコール消毒した後に針を刺す部分を確認」、この3つをする看護師は採血が下手な可能性が高いそうです。病院で採血する場合、3つの動作の内、一つは看護師が必ずやっていたので必要な処置だと思っていたのですが実は違ったんですね。


2ちゃんねるの反応

病院で採血する経験は誰にでもあるので話し合いのスレッドは856レスに達しました。書き込みの大半は体験談で、それを読みますと採血が下手な看護師が担当になった場合、上手な人と交代する事が出来るそうです。

真偽は不明ですが管理人が大学病院で採血する場合、番号が表示される採血台があり自分の番号が出たら向かいます。そこには看護師がおり血を採取するのですが看護師を交代できる雰囲気はないです。

2ちゃんねるで採血が下手な看護師が担当になっても交代せず血を取ってもらう意見があります。中には不器用で何度も採血に失敗する新人看護師がイイと言う内容の書き込みもあります。不器用だけど一生懸命頑張る若い看護師さんなら応援したくなりますね。

(文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
ライブドア・ニュース
採血が下手な人が一発でわかる方法3つ 針を刺す部位を手でパチパチたたく
http://news.livedoor.com/article/detail/12560249/
続きを読む

飲み会の賛否
1: 黒髪隠者 2016/12/22(木) 03:10:16.48
年末の行事と言えば忘年会。会社の人と馬鹿騒ぎしながら酒を飲み1年の出来事を振り返る飲み会に若者が参加しなくなっています。飲み会に参加しない理由として「会社の人と酒を飲みたくない」、「プライベートの時間が減る」、「体育会系のノリは無理」など様々です。

義理で忘年会に参加しても上司から勤務態度について説教されたり飲めない酒を無理やり飲まされれば次の参加はないですよね。お酒が飲めない人にとって忘年会は会費を払っても元が取れない残念会にしかすぎません。

若者にとって苦行とも言える忘年会について話し合うスレッドが2ちゃんねるに立ちました。書き込みに参加した人から忘年会について賛否両論の意見が数多く出され2ちゃねるの書き込み限界が超えてしまうほど盛り上がりました。

忘年会に対し好意的な書き込みとして「会社の人間関係が円滑になる」、「飲み会は普通に楽しい」、「知らない人と出会い、それが縁で結婚した」などがあります。

その一方で忘年会を否定する書き込みとして「嫌いな奴と酒は飲めん」、「上司と酒は飲みたくない」、「一発芸を強要される」など数多く否定意見が出ました。

スレッドを全体的に見て忘年会に対し否定的な意見が多かったです。また忘年会の参加を拒否したいのは若者だけではなく30代、40代の管理職の人からも出ています。

出会う機会がない人と一緒に忘年会をする事とで結束感が出ると思っている会社経営者の思惑は逆に働いている気がします。

忘年会の参加者があまりにも少ないのなら強制や罰金などで参加を促さず素直に中止や廃会にした方が良いと思います。 (文/隠者ニュース管理人)


2ch議論ネタ
Abema TIMES
若者の“会社の忘年会”離れ 「知らない人がいる、早く終わってくれ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00010009-abema-soci
続きを読む

お好み焼きの好み
1: エルボードロップ(東日本) 2016/11/30(水) 09:05:49.15 ID:G8z1HpU30
お好み焼きの本場は「大阪」か、それとも「広島」か。あるいは両者を折衷した「名古屋風」?
この問題に決着をつけるべく、あなたが好きな「お好み焼き」は?というお題でアンケートを実施したところ、2641人に投票いただいた。

全体でみると、トップだったのは「広島風」の47%だったが、2位の「大阪風」とは3%の差しかなかった。それ以外は「カキオコ」が3%、「名古屋風」が2%、「たくあん入り」に至っては1%しかなかった。
 
お好み焼き (1)


次に都道府県別の支持を見てみよう。当然のことながら、滋賀を除く近畿地方では「大阪風」が圧倒的に強く、中国地方+四国の瀬戸内海側(香川・愛媛)では「広島風」が強かった。

大阪風が1位だった府県は23あったのに対し、広島風が1位だった都道県は19。大票田の南関東(東京・神奈川・千葉)で広島風が大阪風を上回った。このことが広島風総合1位となった要因とみられる。

お好み焼き (2)


http://j-town.net/tokyo/research/results/131427.html
続きを読む

独身生活
1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/11/29(火) 10:30:39.43 ID:CAP_USER9
クリスマス、年末年始の行事を控えた今日この頃。普段は、独り身でいることを満喫していた方も、結婚や家族を持つことについて意識せざるを得ない場面が多くなるのではないでしょうか。

それが既婚男性を「うらやましい」と思うまでの気持ちであるかはさておき、既婚者にとっては独身男性を「うらやましい」と思う点はいくつもあるようです。今回は、20~30代のまだ子供のいない既婚男性100人に、独り身の男性のどこをうらやましいと思うのか、聞いてみました。

〈独り身の男性をうらやましく思うことTOP10〉

(全12項目から3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)

1位 お金が気兼ねなく自由に使える 168pt
2位 休日を気兼ねなく自分の趣味に使える 103pt
3位 一人の時間を十分持てる 96pt
4位 妻に小言を言われなくて済む 62pt
5位 カワイイ女性にアタックできる 44pt
6位 友人や同僚との飲み会などに自由に行ける 29pt
7位 趣味などの新しいことにチャレンジしやすい 21pt
8位 (付き合いなども含め)合コンに参加しやすい 19pt
9位 自由に自慰行為ができる 17pt
10位 妻の実家との親戚付き合いがない 14 pt
10位 長期休暇に自分のペースでリフレッシュできる 14pt


自由な時間、自由な恋愛…。結局のところ未婚者と既婚者の大きな違いはあらゆる場面における制限や自由にあるもの。20~30代の既婚男性はなかでも「お金の自由」について、未婚者をうらやむことが多いようです。なお、1位選択の項目についてはその理由も挙げていただいていますので、見ていきましょう。

【1位 お金が気兼ねなく自由に使える】
「管理がゆるくてすむから」(29歳)
「妻が貯金しろとうるさい」(31歳)
「お小遣い制で肩身が狭いから」(39歳)
「自分の感覚で好きなだけお金が使えるから」(36歳)
「自分では買わないものも買わなくてはいけなくなるから」(35歳)

【2位 休日を気兼ねなく自分の趣味に使える】
「自分の時間を満喫できるから」(30歳)
「土日のどちらかしか趣味に時間が割けない」(29歳)
「テレビでサッカー観戦に集中したいが、既婚だと妻が最優先で小さなスマホで見ることになる」(39歳)

【3位 一人の時間を十分持てる】
「誰にも邪魔されず自由で気ままな時間を持つことは、結婚するとなかなかできないから」(33歳)
「個室がないと息抜くときがない」(37歳)
「自分の好きなことをしている時は、話しかけられたくないから」(32歳)

【4位 妻に小言を言われなくて済む】
「ストレスでしかない」(29歳)
「いちいちうるさい。干渉される」(39歳)
「最近、小言が多いから」(30歳)

【5位 カワイイ女性にアタックできる】
「結婚してたらできないから」(36歳)
「自由な時には思わなかったので」(35歳)

【6位 友人や同僚との飲み会などに自由に行ける】
「夕飯の有無や予定を知らせるというプロセスが増えた」(30歳)

【7位 趣味などの新しいことにチャレンジしやすい】
>>1に選択した回答者なし

【8位 (付き合いなども含め)合コンに参加しやすい】
「怒られることがない」(33歳)

【9位 自由に自慰行為ができる】
「一緒に暮らす人がいたら難しいから」(33歳)

【10位 妻の実家との親戚付き合いがない】
「いろいろ気を使わなくて済むから」(39歳)

【10位 長期休暇に自分のペースでリフレッシュできる】
「まぁ一人は気楽だよね」(39歳)

コメント全体を見回せば、やはり何をするにも自由であることが未婚者をうらやむポイントになっている様子。なお、今回のアンケートでは恋愛、性欲がらみの“自由(選択肢)”が得たポイントは比較的低めだったのが気になったりもする。これは現状に十分満足しているからなのか、それとも理性が「うらやましいと思ってはいけない」と歯止めをかけているのか…


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161129-00000000-rnijugo-life
続きを読む

アインシュタイン
1: 経理の智子 2016/10/20(木) 11:44:31.46 ID:CAP_USER9
国連がある面白い統計を発表しました。現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が何人いるのかについて調査しました。すると、8~9割の科学者たちが神を信じていることが分かりました。

300人の内、神を信じないと示した人は僅か20人でした。一方、神を信じると明確に示した人は242人で、世界的に著名なニュートン、エジソン、X線を発見したヴィルヘルム・レントゲン、電池を発明したアレッサンドロ・ボルタ、アンドレ・マリ・アンペール(電流のSI単位のアンペアはアンペールの名にちなんでいる)、ゲオルク・オーム(電圧と電流と電気抵抗の基本的な関係を定義付けた)、キュリー夫人、アインシュタイン等々がその中に名を連ねています。


アインシュタイン(Albert Einstein)

アインシュタインの著作「相対論:狭義と広義相対論(Relativity: The Special and General Theory)の中で、彼は次のことを述べています。

「我々はまさにたくさんの多言語書籍を詰め込まれた図書館に入った子どものようだ。たくさんの本を書いた人がいると子どもたちは知っているが、どのように書かれたかは知らない。何故なら、これらの本に書かれた言葉を知らないからだ」

「しかし、子どもたちはこれらの本に何か神秘のベールに包まれたルールがあると感じている、ただ実際は何であるかはわからない。私からしてみれば、仮に最も賢い人類でも神に対する理解はこの程度しかないのだ。我々が目にした宇宙は人類が驚嘆するほど秩序良く組織されており、一定の法則に沿っていると知りながらも、ぼやけていて、はっきりとした理解ではないのだ」

アインシュタインが1927年のある晩餐会で、ドイツ人評論家で無神論者のアルフレド・カール(Alfred Kerr) に対して、「我々が持っている限られた手段で自然の奥深い神秘に潜入しようと試みれば、背後には微妙で無形な、表現し難い明らかな関連が存在していることに気づくのだ。物事を理解できるということを超越した力への畏敬の念こそが私の宗教だ。この意味において、私は実に宗教信仰があるのだ」と答えました。


http://www.epochtimes.jp/2016/10/26258.html
続きを読む

居酒屋
1: バーニングハンマー(東日本) 2016/11/16(水) 11:13:42.62 ID:X8ejNOYv0
●実はあまり好きじゃない「居酒屋おつまみ」TOP10

(12項目のなかから複数選択)

1位 枝豆 30.5%
1位 たこわさ 30.5%
3位 あん肝 24.0%
4位 エイヒレ 23.5%
5位 チャンジャ 20.5%
6位 キムチ 19.0%
7位 漬物 18.5%
8位 ポテトサラダ 14.0%
9位 刺身盛り合わせ 13.0%
10位 フライドポテト 12.5%

※番外
11位 軟骨唐揚げ 11.0%
11位 焼き鳥盛り合わせ 6.5%

【1位 枝豆 30.5%】
「食べなくてもよいから」(39歳)

【1位 たこわさ 30.5%】
「量が少ないから」(33歳)

【3位 あん肝 24.0%】
「生ぐさい」(36歳)

【4位 エイヒレ 23.5%】
「味気ないから」(37歳)

【5位 チャンジャ 20.5%】
「においが苦手」(31歳)
 

わさびの辛さで飲み物も進みそうな「たこわさ」。日本酒好きばかりの飲み会では、逆にすぐになくなってしまうなんてことも…

枝豆


http://r25.jp/off/00053901/
続きを読む

調査結果
1: テキサスクローバーホールド(東日本) 2016/11/12(土) 18:08:32.23 ID:ukJbJVU70
(1)宝くじなど一獲千金を狙うもの
・「宝くじ。必要ないものだと思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「馬券。もったいないので買わない」(32歳/建設・土木/事務系専門職)


(2)質の悪いもの
・「品質の悪い服。安かろうが高かろうが高品質のものを身につけると思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「激安食品。体に入るものなので、得体の知れないものは買わないし食べないと思う」(29歳/その他/秘書・アシスタント職)


(3)本当に必要でないもの
・「セール品。安いからといって買うんじゃなくて、品質のいいものを買ってそう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「使わないもの。安いからとか周囲の人が持ってるからという理由では買わない」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)


(4)こまごまとした出費につながるもの
・「コンビニのお茶。細かいところから気にしていると思うから」(33歳/不動産/専門職)
・「使い捨ての商品です。節約家が多いと思います」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)


(5)値切りされたもの
・「スーパーの特売品。特売を狙う必要がないから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「半額シールの貼ってある食品」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)


(6)ブランド品だとわかりやすいもの
・「パッと見で高級品とわかってしまうような品。センスやおもしろみがないし、資産も狙われやすいので」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「これ見よがしのブランド物やくだらない偽物」(31歳/金融・証券/事務系専門職)


http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20161112/Escala_20161112_6291648.html
続きを読む

耳かき
1: きう ★ 2016/10/15(土) 22:00:50.94 ID:CAP_USER9
あなたの親しい人は、どのように耳そうじをしているのか。耳かきを愛用しているのか、綿棒を使っているのか…。 意外と知らないものだし、多くの人はそんなことに関心を抱かないのかもしれない。 しかし、男女で差があったり、「まさか、そんなものを!?」という“道具”を使っていたり…。 現代の耳そうじ事情を垣間見てしまうと、じわじわと好奇心が高まってくる。(玉崎栄次)


10人に1人は耳そうじをしない!?


10月6日、耳そうじに関するおもしろい調査が発表された。調査を行ったのは、メーカーや小売業などの情報管理システムの運営などを手がける「プラネット」(東京都港区)。20代~70代以上の4531人(男性2733人、女性1798人)を対象にアンケートを実施した。

世の人は耳そうじを、どのくらいの頻度でしているのだろうか。最も多いのは「週に1回」で、全体の23・1%を占めた。「2~3日に1回」も17・5%で、週に1回以上している人を合計すると全体の6割超に上った。

一方、「2~3週間に1回」という人は12・9%、「1カ月に1回」は7・3%だった。
意外なのは、「耳のケアはしない」と答えた人が10・6%もいたことだ。10人に1人は耳そうじをしないということになる。

「耳そうじって気になり出すとやめられないものですが、まめにやる人と、やらない人に二極化する傾向があるようですね」。こう説明するのは、調査を担当した同社経営企画部のチーフプランナー、角田賢紀(たかのり)さん(44)。 角田さんの解説を基に、調査の内容を見ていこう。


男性は耳かき、女性は綿棒…

耳そうじには使うのは耳かきだろうか、それとも綿棒だろうか。耳のケアに使う道具(複数回答)を尋ねたところ、全体では綿棒が66・8%で耳かき(64・4%)をわずかに上回った。

男女別に見ると、女性は、綿棒(72・5%)が耳かき(61・3%)を10ポイント以上の差を付けて圧倒。一方、男性では、耳かき(66・6%)の方が綿棒(62・7%)よりも愛用されていた。

角田さんは「耳の中に触れる感触に原因があるのではないだろうか。男性は耳かきのしっかりした硬さを好み、女性は面貌の優しい肌触りを求めるといえそうです」と指摘する。

また、この2つ以外にも、「自分の指」という回答が男女合わせて11・2%に上った。
そのほか、「ウエットティッシュ」が4・6%、「ピンセット」が2・0%、耳アカを吸引する電動式の「耳そうじ機」を使っている人も1・3%いた。

中には「つまようじ」という超少数派の回答も。これには「痛そうですね…」と角田さんも絶句していた。


マイ耳かきが主流? 家族とは共有しない「孤」の時代

家族で1本の耳かきを共有し、親は子供を、妻は夫を膝枕で耳そうじをする。そんな牧歌的な日常生活のワンシーンは失われつつあるのかもしれない。調査により判明したのは、自分専用の耳かきを使っている人の割合が63・9%と大半になり、家族やパートナーと共用している人(36・1%)を大きく上回っていることだ。

「30年以上も前のことだが、自分の子供時代には、わが家では耳かきが共用だった」。過去に同じように耳そうじ事情を調べた調査が、残念ながら手元にないため、その移り変わりを詳細に知ることは難しい。だが、角田さんがこう振り返るように、かつては、耳かきが家族のコミュニケーションに一役買っていた例も多かったのではないだろうか。「現在は、わが家でも、家族それぞれがマイ耳かきを使っている。歯ブラシと同じような感覚でしょうか」と角田さん。

世の中に、潔癖志向が高まったことや、家族の“個人主義”が進んだことが背景にあると考えられるという。耳そうじは、その時々の社会を移す“鏡”でもあるのかもしれない。


http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476536450/
続きを読む

刺身
1: フルネルソンスープレックス(東日本) 2016/09/30(金) 19:36:37.59 ID:lNgCgdxE0
家庭の食卓で魚離れが止まらない。日本人1人当たりの魚介類消費量は約15年前のピーク時から3割減った。ただ子育て世代を中心に「もっと魚を食べたい」との声も少なくない。家庭での魚料理を増やそうと、異業種からの参入組を含め、様々な人々が奔走している。

9月上旬、アークヒルズ(東京・港)で開かれた料理教室。「魚の伝道師」を名乗る上田勝彦さん(52)は、集まった十数人に旬のサンマの湯煮(ゆに)を教えていた。水に日本酒を加えて加熱。塩を当てた切り身を入れ、沸騰させずに3~5分で完成する。 「焼くより時短になる。どんな魚でもできますよ」

上田さんは元水産庁職員。魚が好きで大学に進学し、世話になった漁師に恩返ししたいと入庁した。15年3月に50歳の節目で退庁。ウエカツ水産(横浜市)を設立し、漁協や自治体などの依頼で水産物加工品の開発や漁師の育成にあたるほか、幼稚園の栄養士などへの講習を手掛けている。

一般の人々向けの教室では、まずは魚に慣れるため、最初は切り身などを使用。さばき方は半年後から教える。レシピがなくても作れる調理法もそろえ 「魚料理は面倒」という意識を払拭しようと工夫する。

日本でとれる魚介類は約500種。上田さんは「食べる種類を増やし、食事のバランスを『魚、米、野菜、ときどき肉』にすれば日本の地理的条件にも合う」と説く。


http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07820890Q6A930C1EAC000/
続きを読む

ショッピング
1: ファイヤーバードスプラッシュ(東日本) 2016/09/13(火) 08:37:11.35 ID:n3arJIqU0
女性の「買わなきゃよかった!」トップ3
それでは早速、女性が買って後悔した高額商品、上位3つを見ていきましょう。

1位:衣料品・装飾品(20票)

2位:家電(19票)

3位:宝石(13票)

女性においては、1位と3位に“身に着けるもの”がランクイン。


男性の「買わなきゃよかった!」トップ3
一方で男性は、トップ3に生活における高額商品が並びました。

1位:家(25票)

同率2位:車(14票)

同率2位:家具(14票)

マイホームや車は、所帯をもつ男性が手に入れたいものですよね。それこそ、人生を左右する大きな買い物です。後悔してもしきれない・・・  というのが本音なのではないでしょうか。


http://wooris.jp/archives/218362
続きを読む

upload-48

home-48

Book_of_record

twitter2-48

rss-48